スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地元台東区 S/E社 東京支店 改修工事 -43」 アフター工事です                                          「すべてを甘受して経済活動を頑張りたい」                                     「エコな建築をめざす」

 昨年の夏から初秋にかけて、大規模な改修工事をさせて頂きました 地元台東区 「S/E社 東京支店」 様のアフター工事に関する現場検討の報告です。

 築20年以上の鉄骨構造3階建て、延べ床面積 240㎡ の「倉庫」から 「事務所、作業場、予備ストック点検場」 への改修工事をさせて頂きました。
 
 今回の改修アフター作業は、荷物用リフト (カゴの大きさは 1.200 × 1.400 高さ 1.600 と荷物専用リフトとしては大柄なタイプ) のピット下部の漏水対策です。
 リフトの点検時で指摘されたそうで、少しづつ水貯まり部分が広がっているそうです。
 一刻も早く対応すべく、ともかく快晴が続くうちに、補修工事を行いました。
 
 いろいろ検討した結果、漏水部分 (耐圧底盤と地中梁の打ち継ぎ部分あたり) 全体に吸着性の速乾セメントをすり込んで、様子を見てから、コンクリートを暑さ20㎝で流し込むことにしました。
 たぶんこれで漏水は止まると思います。
 
 縮小画像 - 012
  今回のアフター改修作業を行った 荷物用リフトです。
  カゴの大きさは、1.200 × 1.400 高さ1.600 荷物用としては大型です。 

 縮小画像 - 013
  リフトピット内の邸部をチェックしました。 荷物用なので扉は上下式開閉です。

 縮小画像 - 014
  漏水による水貯まりが広がっています。 赤サビ、機械油が混ざっています。

 縮小画像 - 017
  改修作業開始です。 まずはピット底部の清掃、貯まり水の拭き取り作業です。

 縮小画像 - 021
  ピット邸部 (耐圧盤、地中梁の打ち継ぎ部分) 全体に速乾吸着セメント
  をすり込みました。 写真は扉側です。

 縮小画像 - 023
  同様に ピット奥側にも 速乾吸着セメントをすり込みました。
  2時間ほど様子を見ましたが、快晴のためか漏水現象はありませんでした。

 縮小画像 - 026
  生コンクリート車が到着しました。
  建物駐車スペースに、生コンクリート車が高さぎりぎりで入りました。 ラッキー! 

 縮小画像 - 027
  ピット深さに余裕があるため、20㎝ほどコンクリートを流し込みました。
  一輪車によるピストン往復のコンクリート打ち作業です。

 縮小画像 - 028
  金こてにて、押さえ仕上げ作業をします。
  
 
スポンサーサイト

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「地元台東区 S/E社 東京支店 改修工事 -42」 アフター工事です                                              「すべてを甘受して経済活動を頑張りたい」                                             「エコな建築をめざす」               

 昨年の夏から初秋にかけて、大規模な改修工事をさせて頂きました 地元台東区 「S/E社 東京支店」 様のアフター工事に関する現場検討の報告です。
 
 築20年以上の鉄骨構造3階建て、延べ床面積 240㎡ の「倉庫」から 「事務所、作業場、予備ストック点検場」 への改修工事をさせて頂きました。
 猛暑の中、エアコン取付前の室内で、大汗をかきながら内装工事や、建物の積載耐力が、300kg 以上あり、ものすごく頑丈な建物だったため、床配管の穴あけには苦労したこと等々よい思い出です。
 当然、頑丈な建物のため、先日の地震でもびくともしません。

 とは言うものの、楽しかった思い出なんぞは、吹き飛ぶような連絡を頂き、現場調査に伺った次第です。
 荷物用エレベーターリフト (人は乗れないタイプ) がショートして作動不良になるという内容の連絡です。 早々に現場調査に伺いましたが、案の定、エレベーターピット (エレベーターの穴の底部) に雨水が貯まっていました。
 
 どこから侵入したかは不明ですが、雨水には違いないようで、これからの梅雨に備えて、早急な対応をしなければなりません。 
 さて、どうするか!!
 屋根からの雨漏りならば、そこを補修すればいいけど、地下に伝わって、地下コンクリートから湧き出る雨漏りを直すのは、以外と大変なんすよ!! どうしよう! 名案が浮かばないっす!
 
 まあ、福島原発事故のコンクリートの亀裂から湧き出る汚染水を止める事を思えば、「公園の散歩」 みたいなもんだけど、漏電して建物のブレーカーが落ちるなんてハプニングが起きる前に何とかしよう。
 工事計画書の作成で、今夜からしばらくは眠れな日々が続くなあ。
 
 ブログを書いてる時間があったら、対策案を考えたいけど、名案が浮かばない!!!

 縮小画像 - 011
  地元浅草にある S/E社様 東京支店 正面入り口です。 1階正面は駐車スペースです。 

 縮小画像 - 012
  問題の荷物用エレベーター・リフトです。 
  人は乗れないタイプのため、安全基準は緩やかですが、やっぱり漏水はまずいよなあ!

 縮小画像 - 013
  エレベーターのメーカーの担当者さんと、扉を開けて内部点検を始めました。

 縮小画像 - 014
  案の定、エレベーターピット (エレベーターの穴の底) に漏水です。
  さて、どうする!!
  雨水が侵入し易い外壁側でなくて、内側からの漏水のようだ! こまったなあ!!

 縮小画像 - 025
  荷物エレベーター・リフト廻りの図面です。 設計には無理は無いけどなあ!
  築25年だから、多少の劣化はあるかもしれないけどなあ!!! どうするか?

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

地元台東区 「S/E社 東京支店 様 改修工事」 -41 半年点検です                                     「すべてを甘受して経済活動を頑張りたい」                                           「エコな建築をめざす」 「排水トラップを考える」 

 昨年の夏から初秋にかけて、改修工事をさせて頂きました 地元台東区 「S/E社 東京支店」 様の半年点検です。
 築20年以上の鉄骨構造3階建て、延べ床面積240㎡の 「倉庫」 から 「事務所、作業場、予備ストック場」 への改修工事でした。 夏の猛暑の中、エアコン取付前工程前の室内での、大汗をかきながらの作業がいい思い出です。

 今回は、半年点検に伺いました。 
 点検の結果、電気温水器から微妙ながらも異臭を感じました。
 1階、2階の給湯設備は夜間電力を利用した、電気温水器を利用しております。 その電気温水器からの微妙な異臭感です。 施主様も時々異臭を感じていたとの事ですが、気にする程ではなかったようです。

 当方の所見としては、夏季に向かうに従い、これから異臭は大きくなるとの考察に至りました。
 早速、給水設備担当者と検討した結果、電気温水器からのオーバーブロー管が、トラップなしで排水管に結ばれていることに気づきました。

 「トラップ」 とは直訳すれば、狩りや狩猟につかう 「わな」 ですが、建築的には排水管を U字型に曲げて、水が常に貯まるようにする排水配管を指します。
 排水管にて、常に水が貯まることで、下水管の臭いをシャットアウトする効果があります。

 縮小画像 - 009
  地元台東区 「S/E社 東京支店」 建物全景です。
  1階は駐車場、作業場、2階は事務室、3階は倉庫、ストック場です。

 縮小画像 - 001
  1階 作業場にある電気温水器です。 半年点検のチェックで微妙な異臭感がありました。
  オーバーブロー管がトラップなしで排水管につながっていることが判りました。

 縮小画像 - 003
  早々にトラップを設けました。
  写真の茶色の管が新規に配管した 「トラップ」 部分です

 縮小画像 - 006
  同じく、2階 事務室廻りの PS設備内にある 電気温水器です。
  同様にオーバーブロー管がトラップなしで排水管に結ばれていました。

 縮小画像 - 007
  同じく、早々にトラップ管を配管しました。
  写真、茶色の管の U字 部分がトラップです。

 縮小画像 - 001a
  電気温水器廻りの、温水管、排水管、オーバーブロー管 検討図です。
  「トラップ U字配管」 です。 U字管の下部に水が貯まることで、排水管からの異臭が
  シャットアウトできます。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

地元台東区 「S/E社 東京支店」様 改修工事 -40                           「エコな建築をめざす」

 地元台東区にて、築20年以上の鉄骨構造3階建て、ALC版外壁仕上げによる倉庫の改修工事をさせて頂いております。
 1階が作業場、予備ストック場、駐車場、2階が今回の改修工事の中心となる事務所、3階はそのままで倉庫といった改修内容です。

 現況建物が築20年以上の倉庫のため、給排水、給湯設備、電気配線、照明設備、エアコン空調設備、消防関係設備等は、新規同様のボリュームにて施工しました。

 少ない工期と猛暑の続く毎日でしたが、何とか完成にたどり着きました。

 先日の東京電力の送電工事にて、本格引き込み電源にて各設備の可動試験をしております。 
 1階の作業場の温水器、空調機、区画シャッター、荷物用リフト等の可動試験です。

 縮小画像- 166
   駐車場側です。 既存シャッターのモーター部分の補修をしたため、
   可動試験をしました。

 縮小画像- 168
   作業場側です。 非常用照明、煙感知器の可動状況を見ています。

 縮小画像- 169
   同様に作業場側です。 空調機の可動試験です。

 縮小画像- 170
   同様に作業場側から、予備ストック場を見ます。 写真奥側に荷物用リフトが見えます。

 縮小画像- 171
   予備ストック場から、アコーデオンカーテンを隔てて、作業場を見ます。

 縮小画像- 172
   駐車場奥から表側を見ます。
   

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

地元台東区 「S/E社 東京支店」様 改修工事 -39                                  「エコな建築をめざす」

 地元台東区にて、築20年以上の鉄骨構造3階建て、ALC版外壁仕上げによる倉庫の改修工事をさせて頂いております。
 1階が作業場、予備ストック場、駐車場、2階が今回の改修作業の中心となる事務所、3階はそのままで倉庫といった改修内容です。

 現況建物が築20年以上の倉庫のため、給排水、給湯設備、電気配線、照明設備、エアコン空調設備、消防関係設備等は、新規同様のボリュームにて施工しております。

 少ない工期と猛暑の続く毎日でしたが、なんとか完成にたどり着きました。
 今回は、納期の遅れで、工事が少々遅れておりました、男便所、女便所の手洗いカウンターの取付作業です。
 オーナー様の希望にて、立派なグレードのものを取付ました。 その分現場での組み立て、取付作業は少々苦労しました。

 縮小画像 -163
   男便所側の手洗いカウンターを取り付けているところです。 写真右側奥が、
   廊下を隔てて女便所です。

 縮小画像- 162
   女便所側の手洗いカウンターです。 材質は一般のマーブライト系です。
   楕円の穴に、陶器の手洗い器の本体が下から取り付きます。

 縮小画像- 161
   同様に女便所側のカウンターを組み終えたところです。 隣のブースは清掃用具入れです

 縮小画像- 160
   男便所のカウンター脇は既存の窓があり、上々の環境です。
   陶器の手洗い器はかなりの重量のため、取付に苦労しました。



 

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

高田工務店

Author:高田工務店
台東区は浅草の下町で、建設業の工務店を経営しています。
私で3代目となります。建設不況といわれていますが、世間様の荒波に負けることなく、日々楽しみながら頑張っております。
建設現場の楽しいことなど、いろいろとお知らせします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
記事のカテゴリ
気軽におこしください
エコな日々、エコな建築をめざす
 「エコロジー」という言葉が使われて久しいですが、本業の建設業に「エコ」を求めるには、まず初めに自分自身が「エコロジスト」であることが重要と考えています。   移動はなるべく自転車を基本として、生活全般に「エコロジー」を取り入れるべく努力しております。
RSSリンクの表示
ご意見、ご感想を願いします
建築現場の事に限らず、自転車、マラソンと体を鍛える事が好きな方は、どうぞお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。