スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「六本木 通り T邸ビル メンテナンス工事です -4」                                           「こんな時こそ、経済活動を頑張りたい」                                               「エコな建築をめざす」

 今年も 例年通りの寒さ となる感じの北風が吹く、気象情報通りの どんよりとした曇り空の早朝です。  午後過ぎからは、小雨模様となる情報のため、現場仕事も午前中に段取りを着けたいところです。

 そんな訳で、メンテナンス工事をさせて頂いております、「港区六本木 T邸ビル」 の現場報告をさせて頂きます。 首都高速が走る六本木通りから、通り一つ奥に入った閑静な高級マンション街に建つ、築25年になる鉄筋コンクリート構造 4階建ての個人ビルです。

 昨年、及び今年の5月にも、小規模なメンテナンス改修をさせて頂いておりますが、今回は給水ポンプの作動不良による、水道設備関係の 改修作業です。

 先日、給水ポンプの作動不良の原因が、制御盤にあることを突き止め、リレースイッチを交換しましたが、なぜか過電流が流れて、老朽化した電子基盤が、オーバーロードしてすべてがダウンしてしまいました。

 何とか、マニュアル操作にて、給水ポンプを作動させるところまで復帰出来ましたが、ビルオーナー様に不便を掛けていました。 
 今回は、新規の電子基盤に交換補修しました。   結果は上々で、老朽化してやや騒音が響きますが、快調に 給水ポンプ が作動してくれました。 

 縮小画像 - 170a
  今回の改修工事にて、検討作成した 給水系統図です。
  公共水道 ⇒ 地下受水槽 ⇒ 給水ポンプ ⇒ 屋上水槽 ⇒ 3階、4階 給水配管
  上記の 給水ポンプ が作動不良なため、3階、4階が 断水の危機でした。 
 
 縮小画像 - 166
  建物全景です。 屋上水槽が確認できます。 地下受水槽は、正面の玄関ホールの下です。

 縮小画像 - 158
  先日、リレースイッチを交換しましたが、老朽化した電子基盤がオーバーロードして、
  すべてがダウンしてしまいました。

 縮小画像 - 156
  マニュアル操作にて、給水ポンプ を何とか動かしていましたが、オーナー様には
  迷惑をかけてしましました。

 縮小画像 - 170
  新しい、電子基盤に交換しました。 結果は上々で、給水ポンプが勢いよく作動しました。
  何とか、3階、4階の 断水の危機はなくなりました。

縮小画像 - 167
  地下受水槽 が下にある 玄関ホールです。
  アトリエ店舗の開店時間は、11時過ぎです。 何とか開店前で作業が終了しました。
  感謝、感謝の 作業経過です。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「六本木通り T 邸ビル メンテナンス工事です -3」                                          「こんな時こそ、経済活動を頑張りたい」                                              「エコな建築をめざす」

 12月になるや寒さが幾分厳しくなりました。 天気も明け方未明より雨となり、12月中旬の寒となってしまいました。 
 この一週間は、気温が一ヵ月程前に戻ったり、先にいったりと寒暖の差が激しい日々が続きました。 体調を崩されていた方々も、多いことと思います。

 そんな訳で、メンテナンス工事をさせて頂いております、「港区六本木 T邸ビル」 の現場報告です。 六本木通りから、通り一つ奥に入った、閑静な高級マンション街に建つ、築25年になる鉄筋コンクリート構造 4階建ての 個人ビルです。

 昨年、及び今年の5月にも、小規模なメンテナンス改修をさせて頂いておりますが、今回は給水ポンプの作動不良による改修作業です。
 ポンプ本体の作動異常というより、作動をコントロールする制御盤の異常であることを、先日の現場調査にて確認しました。 機器はすべて、ビルと同じ古のアナログタイプです。
 
 本日は、作動不良になっていた、リレースイッチ を交換しました。 まあ、高額な本体制御盤を交換しなくても大丈夫という電気工事屋さんの判断です。 交換作業は、ほんの数十分で終了して、めでたく作動と相成りました。

 ところがどっこい、老朽化した電気基盤の悲しさか、しばらく作動した後に、すべての基盤機器がオーバーロードしたのか判りませんが、オールダウン してしまいました。 こりゃあ大変だ!!
 給水ポンプが全くもって、作動しなくなりました。 3階、4階 の給水系統がダウンです。

 給水ポンプ本体は正常だったので、何とか制御基板をマニュアル操作にて、作動できるようにしましたが、一同青くなっての フォロー補修作業でした。  
 結局のところ、制御盤本体を取りかえることになり、「まあ、寿命ですよねえ」 と理解のあるビルオーナー様の承認を頂いた次第の顛末です。

 縮小画像 - 164
  港区六本木通りから 一つ奥に入った高級マンション街にある 築25年の 個人ビルです。
  給水ポンプの補修作業ですが、制御盤のダウンにより、屋上にある給水タンクへの給水が 
  ストップしてしまいました。

 縮小画像 - 162
  屋上にある給水タンクへの 給水システム がダウンしてしまいました。
  一同 青くなっての 復旧作業ですが、各局直りませんでしたが、何とか 
  マニュアル操作にて、ポンプが作動してくれるようになりました。

 縮小画像 - 159
  問題の制御盤です。 すべて、アナログ式の制御基板です。

 縮小画像 - 158
  制御盤本体の中身です。 リレースイッチを交換しただけで、制御基板がオーバーロード
  したのか不明ですが、すべての制御操作がダウンです。 一同青くなりました。

 縮小画像 - 156
  階段下のポンプ室です。 ポンプ本体は正常に作動しています。
  ともかく、マニュアルで操作できるようになりました。 
  ひと安心ですが、制御盤本体の交換と相成りました。

 縮小画像 - 149
  なんとか無事に作業終了しての帰り道です。 気分転換に自転車バイクも悪くありません。
  東京駅、丸の内界隈です。 昼時ですが、寒さのせいか人出はまばらです。

 縮小画像 - 151
  丸の内 三井ビル 向い側です。
 
 縮小画像 - 154
  同じく 三井複合ビルです。 写真右側のエリアが、三井絵画博物館です。

 縮小画像 - 159
  三井絵画博物館 入口です。

 縮小画像 - 162
  同じく、複合ビル 裏手になります。 結局 昼食には、あり着けませんでした!
  やはり 敷居 が高いと思う!

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「六本木通り T 邸ビル メンテナンス工事です -2」                                              「こんな時こそ、経済活動を頑張りたい」                                              「エコな建築をめざす」

 ようやく 11月中旬を過ぎて、季節、時期なりの気温になったようです。
 今までが温かかったために、これから訪れる、晩秋から冬に向けての 寒さ に体が着いていけるか心配です。
 早々に、長男息子から、足腰に痛みを感じる 風邪 を移されてしまい、いま一つの体調ですが、今週も頑張りたいと思います。

 ハッピーマンデー法により、週の中程に祝日が来ることはまれになり、週明けから何となく楽な気分です。 そんな訳で、定期的にメンテナンスをさせて頂いております、「六本木 T邸 ビル」 の補修作業の打ち合わせに行ってきました。

 港区、六本木通りから、通り一つ奥にはいる、高級マンション街に建つ、築25年程になる、鉄筋コンクリート構造、4階建ての 個人宅ビルです。 
 昨年、今年の5月頃に、小規模な改修作業をさせて頂いております。

 今回は、「給水ポンプ」 の異常ブザーが鳴り続ける との連絡を頂き、下見調査に伺いました。 
 4階の住宅部分まで、安定した水圧にて、水を揚げる 「給水ポンプ」 ですが、今まで一度も交換したこともなく、新築してからそのままの状況で、順調に作動していたようです。

 現調の結果では、操作基盤の異常誤作動か、モーター本体の異常かは判りませんが、後日電気屋さんと本格調査をすることにしました。 
 まあ、25年の歳月による、機械の寿命による劣化も充分考えられますが・・・・

 ビルの場合は、この給水ポンプが故障した場合、3階、4階 が断水状態に近くなるため、早急な対応が必要です。

 縮小画像 - 152
  港区、六本木通りから、通り一つ奥に入った立地に。「T邸ビル」 があります。
  往復は、打合せなため、いつものように、自転車バイクです。

 縮小画像 - 154
  玄関ホール、奥側に給水ポンプ 制御盤 があります。
  異常を知らせる 警報ブザー がなっていました。 
  リセットして、自動から、手動にすると、ブザーは一応止まりました。

 縮小画像 - 155
  階段下に、2台の給水ポンプがあります。 写真左側のポンプが異常のようです。
  異常音とも取れる、ガサガサ音が響きます

 縮小画像 - 153
  2台の給水ポンプをコントロールする制御盤です。 
  電流計センサーでチェックすると、リレースイッチの具合が悪そうです。
  25年前の制御盤で、全くのアナログ制御なため、自分にも理解できて良かったです。

 縮小画像 - 081
  打合せの帰りに、六本木通りの 六本木ヒルズ界隈で でおいしいコーヒーを
  飲もうと思いましたが、10時前のために、準備中でした。 残念。

 縮小画像 - 085
  同じく、ショールーム、テナントエリアですが、やはり10時前なために
  閑散としています。

 縮小画像 - 088
  六本木ヒルズに住まわれている方々の 地下駐車場 入口です。
  多少は活気がありますが、コーヒー店が準備中なのは残念。
  奥には、高級なコーヒー店がありそうだけど、やめとこう!

 縮小画像 - 097
  帰り道は、六本木通りから、銀座通り に抜けました。
  いつもの 高級装飾屋の前です。 早くもクリスマスの雰囲気を感じます。

 縮小画像 - 099
  同様に、道路向かい側の高級店です。 
  やっぱり、下町の自分には、場違いですが、気分は楽しくなります。
  10時過ぎですが、そこそこ活気があります。
  
  浅草 ⇒16km⇒ 六本木 T邸ビル ⇒16km⇒ 浅草  合計 32㎞ 
  自転車バイク 打合せ移動です。 

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「六本木通り T邸 ビル メンテナンス工事です」                                        「すべてを甘受して経済活動を頑張りたい」                                           「エコな建築をめざす」

 六本木通りから道一つ隔てた、閑静なマンションビル街にあり、約5年程前に大がかりな改修工事をさせて頂いた、個人ビル 「T邸 ビル」 様のメンテナンス工事の現場報告です。 
 今回は、御施主様の希望により、ビル手前の駐車スペースに屋根を取り付けて欲しいとの事でした。 
 
 現地はビル街ということもあり、複雑な方向からのビル風が吹くため、車の汚れが激しいということで、アルミ製の既製品カーポート (駐車し易いように、片側柱タイプ) を設置しました。
 現況は駐車場のため、コンクリートスラブ路面となっているため、柱の穴をあける作業が、最も大変でした。
 2本の柱さえ立てば、後はそれなりに組み立てていくだけの作業です。
 柱と路面穴との空きは、当然コンクリートを充填しております。

 縮小画像 - 133
  ビル手前の駐車スペース右側に、1台分のカーポートを設置することになりました。
  ともかく地墨を引いて、柱の位置、レベル関係を確認しました。

 縮小画像 - 137
  道路側の柱の位置に電気振動ハツリ機器にて、小穴を飽けてみました。

 縮小画像 - 141
  柱を立てる部分に、アルミ製柱を立てていきます。
  穴と柱の隙間は、現場コンクリートにて充填していきます

 縮小画像 - 142
  アルミ柱は垂直に立っているかどうか、入念はチェックをしながらの作業です。

 縮小画像 - 144
  柱の建てつけが終了すれば、後はアルミ骨材を組み込んでいくだけです。

 縮小画像 - 146
  片側柱のため、幅寄せ作業は簡単です。 
  アクリル製の屋根材は、コンクリートが完全に硬化してから設置します。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

六本木通り 「T邸 ビル」 小改修工事 -7     「エコな建築をめざす」 

 亜熱帯化した気候に準じて、体の方も亜熱帯化してしまった感じで、初冬の寒さでもなぜか身にしみます。
 特に今日のように、北風が強い時はなおさらな感じです。 
 それにしても北風が強過ぎると、ぶつぶつ申しておりましたら、T邸のオーナー様いわく、「ここいらへんはビル風が強いんですよ」 の一言を頂きました。
 「監督さん、ビル風と、北風は全然違いますよ」 との追い討ちをかけられ、休日早々機嫌がいま一つだった本人です。 機嫌が悪いのは、昨日のパンクハプニングから続いている感じです。

 まあそんなこんなで、約5年程前に、大掛かりな改修工事をさせて頂いた個人ビルの、再度の小改修工事です。
 場所は、六本木通りから、通り一つ奥に入った、閑静なマンション街に建つ、築25年程のRC構造の個人住宅ビルの小改修工事です。

 御施主様の都合で、段階的に部分的な小改修工事を進めています。
 今回は、先日のバルコニー補修、2階居間補修に続き、外壁側のテントシートの取り換え作業です。 建物の築年数とほぼ同じ年月の経つ、テントシートを解体撤去して、新しいシートを取り付けました。
 足場なしのハシゴ作業です。 ほぼ3階高さのテントシート取り換え作業ですが、段取り良く進み、午前中には終了しました。
 腕のいい職人さんは、同様に口は悪い事を証明したような仕事ぶりに感動です。

 縮小画像 - 116
  2段伸びするアルミハシゴを建て掛けて、既存のテントシートを撤去
  しました。 骨組だけが残りました。

 縮小画像 - 119
  骨組だけになったところで、さらにアルミハシゴを延ばして、骨組の塗装
  補修に移りました。  慣れたもんだと思います。
  先端は3階レベルです。

 縮小画像 - 120
  骨組の塗装が乾いたところで、新しいテントシートを被せます。
  ハシゴ2本で、左右に分かれて、テントシートを段取り良く掛けていきます。
  つくづく「慣れてるなあ」と思いました。

 縮小画像 - 122
  シート全体の調整をしたところで、テントシート下端部分を、骨組に
  ロープで結んでいきます。  これまた慣れた作業です。

 縮小画像 - 123
  同様にテントシートと骨組をロープで結んでいきます。
  実際の寿命は、錆びる鉄の骨組より、シート素材の方が丈夫が長いようです。
  今回も、シートより、鉄骨骨組材の方が傷んでいました。


 

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

高田工務店

Author:高田工務店
台東区は浅草の下町で、建設業の工務店を経営しています。
私で3代目となります。建設不況といわれていますが、世間様の荒波に負けることなく、日々楽しみながら頑張っております。
建設現場の楽しいことなど、いろいろとお知らせします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
記事のカテゴリ
気軽におこしください
エコな日々、エコな建築をめざす
 「エコロジー」という言葉が使われて久しいですが、本業の建設業に「エコ」を求めるには、まず初めに自分自身が「エコロジスト」であることが重要と考えています。   移動はなるべく自転車を基本として、生活全般に「エコロジー」を取り入れるべく努力しております。
RSSリンクの表示
ご意見、ご感想を願いします
建築現場の事に限らず、自転車、マラソンと体を鍛える事が好きな方は、どうぞお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。