スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「台東区 WS邸 作業場、住宅 改修工事-18 一年半 点検です」

 「新築工事」 の竣工時と違い、「改修工事」 の竣工時の場合、特に 「部分的な改修工事」 の場合は、建物が完全な形として施主様の手に引き渡されるわけではありません。

 特に工事予算の都合で、「この部分は次回の改修工事分に廻そうか?」 と断念した経緯のある現場は、後々にハプニングがあるものです。

 そんなわけで、地元浅草にて改修工事をさせて頂いた 「WS邸 作業場、住宅 改修工事」 に関する一年半後の点検報告をさせて頂きます。  この現場は、前記の通り 部分改修現場 のために気がかりな部分が多くあります。

 特に、屋根工事、ガス工事を次回に廻したために、台風シーズンの雨漏り、冬季の寒さ が気になります。
 施主様曰く 「まあ、こんなもんですよ!」 と言い切る大らかな方ですが、本格的な冬を前に一年半の点検にて、ガス工事をすることになりました。

 次回の二年点検時には、屋根工事をすることを進めようと思いますが、御本人はそれ程気にならない様子です。

  縮小画像 - 010
  1階 改修計画 平面図です。
  元々は、餃子の専門店の 作業場兼住宅 を施主が買い取り、大改修したものです。

  縮小画像 - 001a
  2階 断面計画図です。 屋根工事は 予算の都合で 次回 となっています。
  細かい雨漏りは続いていますが、御本人はそれ程気にならない様子です。

  縮小画像 - 005
  1階 作業場、執務コーナー 全景です。
  オーナーは 海洋堂 の外部スタッフとしても活躍される
  模型の原型を作る 有名な 彫刻造型師 さんです。

  縮小画像 - 009
  作業場、執務コーナー 反対側 近景です

  縮小画像 - 003
  1階 作業場全景です。 作業の休憩時間に 写真を撮らせて頂きました。

  縮小画像 - 006
  フィギア模型の 原型をチェックしている様子です。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「台東区 木造住宅 WS邸 改修工事 -17 半年点検です」                                             「こんな時こそ、経済活動を頑張りたい」                                            「エコな建築をめざす」

 台風12号が紀伊半島を中心に猛威をふるって、過ぎて行きました。
 改めて、「水災害」 の恐ろしさを痛感します。 台風による集中豪雨により、川の上流から流れ出る水が 「弾波」 呼ばれる現象となり、津波のような被害を受けたと報道されています。 

 集中豪雨により、被害を受けた方々、及び半年が過ぎようとしている、東北大震災にて被災された方々の、一日も早い復興をお祈り申し上げます。
 一応安全な地域にいる自分は、被災された方々の分まで、経済活動を頑張りたいと思います。

 そんな訳で、約半年前に竣工しました 地元台東区 「木造住宅 SW邸 改修工事」 の半年点検の現況報告です。
 店舗兼個人住宅として使われていた、築25年~40年 余りの木造建築を 「模型フィギア原型 彫刻士」 のオーナー様が、住宅兼作業場アトリエに改修すべく、改修工事を始めた現場です。

 1階が大型作用場、2階が彫刻作業場 兼 住宅です。 部分的には、築40年程と、推定できる木造建築ですが、空間を最大限に有効的にかつ、機能的に利用されている感じです。

 縮小画像 - 012a
  1階 大物作業場の 南西側 玄関廻りからの全景です。

 縮小画像 - 013
  同じく、1階 大物作業場 南東側からの全景です。 

 縮小画像 - 014
  1階 奥の打ち合わせスペースです。
  築40年 の香り漂う内観ですが、やはりパソコンが欠かせないようです。

 縮小画像 - 015
  1階 大物作業場 北側からの全景です。

 縮小画像 - 011a
  1階 階段したにある 作業場のトイレです。
  階段下なため、天井は少々低いです。

 縮小画像 - 018
  2階 原型金型模型 金型製作及び、住宅側全景です。
  柱、筋かい を残して、ワンルーム的な空間です。

 縮小画像 - 020
  2階 原型金型 彫刻作業 スペース廻りです。

 縮小画像 - 022
  同じく 彫刻作業 スペース廻りです。 屋根裏は 仮眠室ベット です。
  締切近くは、昼夜のないハード毎日のようです。

 縮小画像 - 024
  2階 南側 打合せスペースです。 
  床に広がる書類は、金型製作用の資料のようです

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「台東区 木造住宅 WS邸 改修工事 -16」                                    「すべてを甘受して、経済活動を頑張りたい」                                   「エコな建築をめざす」

 地元浅草にて、築25年以上 (内部解体工事の結果、一部は築40年以上) の木造2階建て住宅の改修工事の工事完了後、一か月点検の現場報告です。

 現況建物は、1階が倉庫、店舗、作業場、2階が住宅 (オーナー宅と地方出身者の従業員寮) となっていました。 典型的な浅草の店舗併用、従業員住込み型住宅でした。

 工事終了後の現在は、「模型フィギア原型 彫刻師」 のオーナー様が、住宅兼アトリエ作業場として、順調に利用しておられる感じです。 

 工事終了後、約1ヵ月が過ぎました。 最終工事金額の打ち合わせも兼ねて、1ヵ月点検のために伺いました。
 1階、2階とも すべての間仕切り壁をなくして、筋かいクロス木材をデザインの一つとしつつ、広いワンルーム的な大胆な空間利用をしております。

 縮小画像 - 004a
  1階 作業場廻りです。 業務用キッチンセットを利用したアトリエ作業場です。

 縮小画像 - 005a
  同じく1階 作業場、アトリエスペースです。
  照明はすべて60ワット 裸電球タイプです。

 縮小画像 - 006a
  2階 打合せスペースから、個人エリアを見渡します。
  間仕切り壁等は一切ありません。

 縮小画像 - 007a
  柱、筋かいクロス木材から、オーナー個人作業スペースを見渡します。

 縮小画像 - 010a
  2階、打ち合わせスペースです。 上部にな屋根裏ロフトスペースがあります。

 縮小画像 - 009a
  フィギア原型 彫刻の作業をするオーナー様です。
  一般的に、フィギア制作会社から送られる提供写真を元に、原型となるフィギアを
  作成しているそうです。 詳細は企業秘密のようです!! 

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

台東区 木造住宅 WS邸 改修工事 -15   「エコな建築をめざす」                                 「第1期 改修工事 一応終了です」

 地元浅草にて、築25年以上 (内部金廻りの解体作業の結果、一部は築40年以上) の木造2階建て住宅の改修工事の現場報告です。

 現況建物は、1階が倉庫、店舗、作業場、2階が住宅 (オーナー宅と地方出身者の従業員寮) となっており、典型的な浅草の店舗併用、従業員住込み型住宅です。

 一応のところ、第1期 改修工事がほぼ終了しました。 後は先日の雪まじりの雨で不具合が出た北側屋根と、1階便所の天井明かり取り部分のアクリル板加工程度です。

 急きょ、引っ越し屋さんの年度末の予定にて、明日引っ越し作業となりました。 簡易クリーニング作業は私がしました。 せっかくの作業ですが、カメラを忘れてブログに載せられなくて残念無念!!

 縮小画像 - 008
  2階南側 洋室廻り。 基本的には内装壁、天井仕上げはなし。
  筋かい材をデザインの要素と考えています。

 縮小画像 - 009
  同じく南側 洋室廻り。 写真上部に屋根裏ロフトがあります。

 縮小画像 - 010
  2階、南西側 洋室廻り。 同様に筋かい材をデザインの要素と
  考えています。 

 縮小画像 - 012
  2階 西側 洋室廻りです。 
  同様に階段腰壁部分も仕上げ材は貼っていません。 木造組のみです。

 縮小画像 - 005
  階段廻り、踊り場からの近景です。 段板横は明かり取りです。

 縮小画像 - 004
  同じく、2階床から階段を見たところです。 
  便所明かり取り部分は、アクリル板でふさぎます。

 縮小画像 - 001a
  階段下廻りの便所内部です。 左側は木製カウンターと手洗い器ボールです。

 縮小画像 - 007
  1階 平面図です。 

 縮小画像 - 008
  2階 平面図です。  

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

台東区 木造住宅 WS邸 改修工事 -14      「エコな建築をめざす」 

 地元浅草にて、築25年以上 (内部壁廻りの解体作業の結果、一部は築40年以上) の木造2階建て住宅の改修工事の現場報告です。

 現況建物は、1階が倉庫、店舗、作業場、2階が住宅 (オーナー宅と地方出身者の従業員寮) となっており、典型的な浅草の店舗併用、従業員住込み住宅です。

 屋根改修の方は順調に終了しました。 
 天窓2ヶ所、点検用ハッチ1ヶ所 (600×600) です。 天窓が付くと内部が一気に明るくなります。 また点検ハッチは屋上の出入口として、セメント瓦の雨漏り補修等の改修作業にとりわけ便利です。

 内部は、階段廻りの造作作業、屋根裏廻りのロフト造作作業を進めております。

 縮小画像 - 064
   屋上天窓サッシ周囲に、水切り金物を取付ています。
   現場屋根にて、カラー鉄板を曲げ加工の後、取付作業です。

 縮小画像 - 065
  屋根裏、ロフト部分の改修作業です。
  屋根野地板は、杉材の表皮付きの杉材です。

 縮小画像 - 070
  同様にロフト廻りの改修です。
  屋根の母屋束材に、上棟式に取り付けたと思われる、「へいごし飾り」 がありました。
  昭和50年代です。

 縮小画像 - 071
  同様にロフト廻りの改修です。
  電気配線は、当然新規配線です。

 縮小画像 - 084
  2階から天窓の様子を見上ています。 明るいです。

 縮小画像 - 077
  1階、新規階段廻りの造作状況です。

 縮小画像 - 079
  階段廻り造作状況です。
  階段桁の斜め部分には、障子が入ります。 明かり取りです。

 縮小画像 - 081
  新規階段の2階部分です。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

高田工務店

Author:高田工務店
台東区は浅草の下町で、建設業の工務店を経営しています。
私で3代目となります。建設不況といわれていますが、世間様の荒波に負けることなく、日々楽しみながら頑張っております。
建設現場の楽しいことなど、いろいろとお知らせします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
記事のカテゴリ
気軽におこしください
エコな日々、エコな建築をめざす
 「エコロジー」という言葉が使われて久しいですが、本業の建設業に「エコ」を求めるには、まず初めに自分自身が「エコロジスト」であることが重要と考えています。   移動はなるべく自転車を基本として、生活全般に「エコロジー」を取り入れるべく努力しております。
RSSリンクの表示
ご意見、ご感想を願いします
建築現場の事に限らず、自転車、マラソンと体を鍛える事が好きな方は、どうぞお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。