FC2ブログ

「雨漏り メンテナンス 作業です」

 九州南部から、沖縄県にかけては、台風に見舞われているようです。 
 自然災害に遭われた方々へは、心よりお見舞い申し上げます。 
 その台風も 本州の高気圧に弾かれるかたちで、お隣の中国本土、朝鮮半島方向へ移動して行くようです。 

 おかげさまをもちまして、関東地方では、安定した夏の快晴が続きます。 
 朝方、夕方の気温は幾分下がってきてはいますが、やはり昼間の暑さには閉口します。 たまの夕立による雨も、何となく道路が湿れる程度で、気温が下がったという 体感を得られません。

 そんな暑さのなか、長年メンテナンス工事をやらせて頂いております 「世田谷区 KD邸」 に関するメンテナンス作業報告です。

 1階のガレージ部分がコンクリート造となっている 木造3階建て 築15年程になる個人住宅です。  雨の降る方向、角度により、時々雨漏りがするという、意外と改修対応が難しいメンテナンス工事となります。

 今回は、雨が侵入するであろう ひび割れクラック部分に エポキシ樹脂 を充填する対策を取りました。  エポキシ樹脂は、一般的に使われている ウレタン材 と似たような感じですが、固まるとコンクリート並みの堅い強度になるという優れものです。  
 材料1本の値段は、ウレタン材の 5倍以上はしますが・・・・

  縮小画像 - 025
  世田谷区にてメンテナンス工事をさせて頂いております KD邸 です。
  1階ガレージが一部コンクリート造、木造3階建てです。

  縮小画像 - 007
  1階 コンクリート構造のガレージに 雨漏りが発生するようです。
  モルタル仕上げの外壁に発生している ひび割れクラック部分を
  エポキシ系シール にて充填していきます。

  縮小画像 - 006
  今回利用した エポキシ樹脂系 充填剤です。
  作業方法は ウレタン材と同様ですが、固まるとコンクリートのように
  堅くなります。

  縮小画像 - 020
  建物北側 のエアコン冷媒管を補修する 電気屋さんです。
  風が抜けない、奥側隣地側 はものすごく暑いです。
スポンサーサイト



テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「雨漏り メンテナンス 調査をしました」

 梅雨明けしたは良いものの、真夏のような暑さが続きます。 
 週末にはこの暑さも和らぐようですが、もはやこの暑さに慣れるべく体調を整えていきたいところです。

 そんな夏日が続くなか、世田谷区にてメンテナンス作業をさせて頂いております 木造住宅の雨漏り調査に伺いました。  築15年程になる木造2階建て、個人住宅です。 
 新築工事は当社ではありませんが、ここ数年、定期的に雨漏りチェック等のメンテナンスをさせて頂いております。

 今回は、梅雨時の強風を伴う雨にて、建物北西側角から雨漏りが発生したとの連絡を頂き、現場調査に伺いました。  渋谷区との区境近くの閑静な住宅立地しています。

 現場調査の結果、室内の雨漏り跡は確認できましたが、外部の雨漏り原因部位が判らず、水を掛けて実験調査をしました。  対応策を練るべく、事務所に戻り改修工事策を検討します。

  縮小画像 - 002
  当社にて 定期メンテナンス をさせて頂いております 世田谷区 KD邸です。
  渋谷区との区境近くの 閑静な住宅地にあります。
  雨漏り位置は、写真左側角 あたりから発生しています。

  縮小画像 - 001
  外側の雨漏り原因部位の判らず、水を掛けて実験調査をしました。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

雨漏りの補修作業をしました        「エコな建築をめざす」

 今日もここ数日続く小春日和の一日でした。 10月中旬頃の気温のようですが、明日からは季節本来の気温に戻るそうです。 きっと一段と寒くなることだと思います。

 先日の 「文化の日」 に雨漏りの現場調査に伺いました、「世田谷区 KD邸」 様に改めて、雨漏りの簡易補修に伺いました。

 ハシゴにて雨漏りの発生している外壁側を改めてチェックすると、やや大きめの 「ひび割れ、クラック」 を確認できました。 応急処置として、ウレタン系シーリング材を、ひび割れ部分に塗り込みました。

 この方法が一応万能とされていますが、耐久年数はそれ程長くないことが欠点です。
 4年前に改修作業をした時には、認められなかった 「ひび割れ、クラック」 ですから、その後に発生したものと思います。 
 これで様子を見ることにして、雨漏りが止まらなかった場合は、根本的に対策を再検討しなければならないと思います。

 縮小画像 - 018
   建物全景です。 道路の先端、行き止まり状になた敷地にあります。

 縮小画像 - 001
   雨漏りが発生している、西側外壁です。 細かく観察すると
   ひび割れ、クラックが確認できます。

 縮小画像 - 016
   同様の、ひび割れ、クラックが、2階窓下端から斜めに発生しています。
   このあたりから雨水が侵入しているものと思います。

 縮小画像 - 011
   吸気口廻りの傷みも、以外に大きめです。
   (1) 対応作業としては、廻りをラッカーシンナーにてきれいにする。(汚れ、カビ等を落とす)
   (2) ひび割れ部分に、シーリング用プライマーを塗り込む。
   (3) ウレタンシール材を塗り込む。 

 縮小画像 - 004
   2階まどから発生している、ひび割れ、クラックにウレタンシール材を
   塗り込みました。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

雨漏りの建物調査に伺いました       「エコな建築をめざす」

 秋晴れの快晴となった 「文化の日」 の祝日ではありますが、先日より雨漏り調査の依頼を頂いておりました、「世田谷区 KD邸」 様宅に伺いました。
 当方にて新築させて頂いた建物ではありませんが、5年以上前から、建物のメンテナンス等をさせて頂いております。

 今回は、1階西側寝室の窓枠下から雨漏りが発生たようです。  3年程前にも同じような雨漏りが発生いして補修した経緯があります。
 ともかく、雨漏りが発生した外壁部分を、脚立を利用して目視調査をさせて頂きました。

 目視調査の結果、びっくりするようなクラック (ひび割れ) が数本見つかりました。 
 間違いなく、3年前はなかったものと思います。 建物のどのような原因で、クラックが発生したのかは不明ですが、ここから雨水が侵入していたことは間違いなさそうです。

 縮小画像 - 006
  世田谷区 KD邸 道路正面 立面です。
  世田谷区 代沢 の閑静な住宅地にあります。

 縮小画像 - 001
  雨漏りが発生している、建物西側の外壁を目視調査しました。
  見てびっくりするような、クラック (ひび割れ) が確認できます。

 縮小画像 - 003
  脚立を使って、外壁クラック廻りの近景です。
  窓からのクラックが確認できます。

 縮小画像 - 004
  同様にクラック周囲です。 2階窓から、1階天井吸気口まで
  クラックが数本発生しています。
  ここから雨水が侵入していた感じです。

  後日、このクラックを埋めるべく、シーリング充填作業をすることにしました。


 

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

高田工務店

Author:高田工務店
台東区は浅草の下町で、建設業の工務店を経営しています。
私で3代目となります。建設不況といわれていますが、世間様の荒波に負けることなく、日々楽しみながら頑張っております。
建設現場の楽しいことなど、いろいろとお知らせします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
記事のカテゴリ
気軽におこしください
エコな日々、エコな建築をめざす
 「エコロジー」という言葉が使われて久しいですが、本業の建設業に「エコ」を求めるには、まず初めに自分自身が「エコロジスト」であることが重要と考えています。   移動はなるべく自転車を基本として、生活全般に「エコロジー」を取り入れるべく努力しております。
RSSリンクの表示
ご意見、ご感想を願いします
建築現場の事に限らず、自転車、マラソンと体を鍛える事が好きな方は、どうぞお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード