FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「中野区 NK邸 屋根瓦 補修作業です」                                     「すべてを甘受して経済活動を頑張りたい」                                「エコな建築をめざす」

 季節が半月ほど逆戻りしたような気温です。
 
 「東北、関東大震災」 にて被災されて狭い避難所にて生活されている方々には、誠に申し訳ございませんが、季節を肌で感じる、明るく開放感のあり過ぎる場所で、仕事をさせて頂きました。
 
 中野区の閑静な住宅地にある、「NK様邸」 の屋根補修作業です。
 3月11日の 「東北関東地震」 にて屋根瓦が崩れてしまったとのことです。 作業的には瓦職人さんの作業内容ですが、御時節柄この程度の補修では来てくれません。
 
 瓦職人さんは、地震で半壊に近い現場の屋根瓦補修に大わらわです。 
 そんな訳で、板金鉄板屋根職人さん (同じ屋根を扱うので充分対応できる) と、一級建築設計士の私が、お得意様の屋根補修に伺いました。 
 天気がくずれる予感の強い西風にあおられつつ、かつ余震のことは考えないことにして、頑張らせて頂きました。

 縮小画像 - 002
  中野区の閑静な住宅地にある、NK邸です。
  先日の地震にて屋根瓦の一部、棟周りが崩れてしましました。

 縮小画像 - 013
  足場を掛ける程でもないので、母屋の1階屋根、2階屋根と順々に
  梯子を掛けての作業です。

 縮小画像 - 007
  地震にて崩れた瓦を集めている、屋根職人さん。 枚数をチェックしたところ、
  庭に落ちたり、割れた瓦はありませんでした。

 縮小画像 - 012
  瓦のずれを一枚一枚調整しているところです。  瓦は単に屋根に置いてあるだけです。 
  屋根の振れに合わせて微妙に振動できから、地震で落ちるリスクを考えても、
  これで良いんだろうと納得の自分です。

 縮小画像 - 019
  ひと通り瓦を組み直しました。 しっくい土は使わないので、ウレタン材にて軽く接着します。
  地震の時に微妙に動くように調節することも大切です。
  有難く、季節を肌で感じる、明るく広い場所で仕事をさせて頂きました。
  屋根作業もできる一級建築設計士も悪くないと思う。 
  まあ、下町の工務店の設計士なんて、何でも屋だけど!

 縮小画像 - 011
  母屋の瓦も、地震でずれていることに気づきました。
  庭からはわからないので、見なかった事にしようか悩みましたが、
  一級建築設計士のプライドが許さないので、補修することにしました。

 縮小画像 - 023
  こちらの母屋の補修は、上部棟瓦のずれを整えて終了です。
  余震がなくて有難いことです。
  
 それでも屋根仕事はやっぱり怖かった! 腰が引けた写真ばっかの中、それなりの1枚です。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

高田工務店

Author:高田工務店
台東区は浅草の下町で、建設業の工務店を経営しています。
私で3代目となります。建設不況といわれていますが、世間様の荒波に負けることなく、日々楽しみながら頑張っております。
建設現場の楽しいことなど、いろいろとお知らせします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
記事のカテゴリ
気軽におこしください
エコな日々、エコな建築をめざす
 「エコロジー」という言葉が使われて久しいですが、本業の建設業に「エコ」を求めるには、まず初めに自分自身が「エコロジスト」であることが重要と考えています。   移動はなるべく自転車を基本として、生活全般に「エコロジー」を取り入れるべく努力しております。
RSSリンクの表示
ご意見、ご感想を願いします
建築現場の事に限らず、自転車、マラソンと体を鍛える事が好きな方は、どうぞお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。