スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「中野区 IWH邸ビル 基本計画ー3 鉄骨軸組計画の検討です」                                             「こんな時こそ、経済活動を頑張りたい」                                          「エコな建築をめざす」

 真夏の暑い日々が続きます。 真夏の風物詩とも言うべき、高校野球が盛況です。
 お盆休みのため、現場作業は休止とさせて頂いております。 こんな時しか一日を通して、設計作業に集中できないため、エアコンの温度設定を 27℃ の風量弱にして、高校野球の音声を聞きつつ、それなりに楽しく、頑張っております。
 それでも今日の暑さはものすごく、エアコンの設定温度を 2℃ 程下げたりの繰り返しです。 

 そんな訳で、昨日に引き続き取り組んでおります、「中野区 IWH邸ビル 新築工事」 の基本計画案作業及び、見積り作業の報告です。

 杭工事計画が決定したところで、工場製作の鋼管杭の専門業者に概算見積りを依頼しました。 先方はこれより現地を確認して、概算見積り作業に掛るとのことです。

 さらに、鉄骨構造計画 (鉄骨部材の仮定断面算定) を検討しました。 鉄骨構造 4階建てとして、簡単な構造計算の打ち合わせにて算出します。

 最終的には、専門の構造設計士さんに詳細計算をお願いする訳ですが、鉄骨加工の鉄工所さんに概算見積りを出して頂くための 構造計画図面 としては、現段階で充分です。
 構造計画案にて大切なことは、全体の構造バランスを出来る限り、単純明快に計画することです。  建物が丈夫になり、鉄骨部材量も少なくなるため、鉄骨工事費も安くなる訳です。

 これに続き、アルミサッシ図面、外観図面 等々が見積り作業用として必要なため、エアコンの効いた事務所で、もうひと頑張りといったところです。 
 休みでも、「皇居でのランニング」 が出来なくて残念!!
 縮小画像 - 019
 ・上段が 「1階床、基礎伏せ 計画図」 です 
   1階床のコンクリート量、鉄筋量 等の見積り算定に必要です。
 ・下段が 「鋼管杭、地中梁 計画図」 です 
   鋼管杭量、、コンクリート量、鉄筋量 等の見積り算定に必要です。
 縮小画像 - 015
 ・上段が 「3階 鉄骨骨組 床伏せ 計画図」 です。
 ・下段が 「2階 鉄骨骨組 床伏せ 計画図」 です。
   鉄骨構造量、床デッキプレート量 の見積り算定に必要です
 縮小画像 - 016
 ・上段が 「屋上屋根 鉄骨骨組 計画図」 です。
 ・下段が 「4階 鉄骨骨組 床伏せ 計画図」 です。
   同じく、鉄骨構造量、床デッキプレート量、屋根ALC版量 の見積り算定に
   必要です。
 
 縮小画像 - 018
  「構造計画 断面図」 です。
   4階部分の 「第3種 北側斜線規制」 による斜め部分の鉄骨加工 
   仕口計画に苦労しました。   
スポンサーサイト

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「中野区 IWH邸ビル 基本計画ー2 基礎杭の検討です」                                                 「こんな時こそ、経済活動を頑張りたい」                                               「エコな建築をめざす」

 真夏の暑い日々が続きます。
 現場作業は、お盆休みにて休止中なため、有難くも一日中、エアコンの効いた事務所にて、事務仕事に集中することが出来ました。
 逆にエアコンのためか、体が重苦しく感じます。 温度設定は、27℃ ではありますが、一日中エアコンに浸ることは、健康のためには考えもので、汗をかくことの必要性をつくづく感じます。
  
 そんな訳で、現在取り組んでおります、「IWH邸ビル 新築工事」 の基本計画案及び、概算見積もり作業を、パソコンと製図台ドラフターをフル活用して進めることが出来ました。

 全体の基本計画 (鉄骨構造、ALC版パネル壁、4階建て) を進める中で、「基礎杭工事」 の工法種類を、あれこれと検討しております。
 安定地盤層 (杭支持層) までの深さが 約10mです。 浅草の下町からみれば、誠に有難い数値です。 ちなみに、下町では、支持層までは、25m は必要です。

 第1案では、「現場造成のコンクリート杭」 にて、検討しておりましたが、敷地の状況と、支持層までの浅さから、現在の第3案では、「工場製造の鋼管杭」 にて検討しています。
 共に一長一短ですが、総合的には、後者の杭工法にての案を、施主様に提出する予定です。

 縮小画像 - 008a
  中野区役所 建築指導課、構造係りにて閲覧写し書きしました、近隣の
  地盤調査データーです。 約10m にて支持層 (N値50以上) があります。
  下町の設計者からみれば羨ましい数値です、

 縮小画像 - 009
  第1案 にて検討しました 現場造成のコンクリート杭です。
  現場にて造成するため、搬入作業が楽ですが、すべて現場にて造成対応しなければ
  なりません。 狭い敷地でも対応できます。

 縮小画像 - 010
  「現場造成のコンクリート杭」 にて計画した断面計画図です。

 縮小画像 - 012
  現在の 第3案 にて計画しております 工場製造の鋼管杭です。
  現場作業は、設備重機も少なく、楽ですが、工場から現場へ
  資材搬入作業が大変です。

 縮小画像 - 013
  「工場製造の鋼管杭」 にて計画した断面計画図です。 

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「中野区 IWH邸ビル 基本計画 基礎杭の検討です」                                          「こんな時こそ経済活動を頑張りたい」                                              「エコな建築をめざす」

 まさに夏本番の暑さが続きます。
 熱中症に気を付けながら、水分を取りつつの現場作業の毎日です。
 
 また今日で、東北関東大震災が発生して5ヵ月が過ぎました。 いまだに先の見えない復興事業と、福島第一原発事故の処理作業ですが、一日も早く終息に近づくことをお祈りしております。

 関東地方でも、各地の放射能の測定結果により、いたるところで懸念ヶ所はありますが、一応安全な所にいる自分は、被災された方々の分まで、経済活動を頑張りたいと思います。

 そんな訳で現在、基本計画、概算見積り作業を進めております 「中野区 IWH邸ビル 新築工事」 に関する検討報告です。
 先日、中野区役所、建築課にて、近隣地域の 「地盤ボーリングデーター」 を閲覧したことで、安定地盤面までの深さが約10m程度と検証できました。
 早々に構造設計計画に反映させるべく検討しました。 
 現場にて筒状の鉄筋を組んで、コンクリートを流し込む、「現場打ちコンクリート杭」 として構造計画を決定して、概算見積りを進めています。

 杭の長さが、10m という数値は長いようですが、山の手の中野区ならではの短さと検証できます。(江戸時代前から陸地だったため) 
 下町の台東区では、安定地盤までは、約25m程あります。(江戸時代は海だったため) 
 したがって、杭の長さも 25m以上となります。

 縮小画像 - 009
  計画地の周辺の地盤ボーリングデーターにより、
  安定地盤面 10m として 杭長の基本計画を検討しました。

 縮小画像 - 010
  建物構造は、敷地状況から、重量鉄骨構造、4階建て にて計画して、
  概算見積りを進めています。

 縮小画像 - 011
  同じく、断面計画図です。 建物裏側が北面になり、東京都第3種高度規制 により
  4階部分の北側が、斜めになります。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

高田工務店

Author:高田工務店
台東区は浅草の下町で、建設業の工務店を経営しています。
私で3代目となります。建設不況といわれていますが、世間様の荒波に負けることなく、日々楽しみながら頑張っております。
建設現場の楽しいことなど、いろいろとお知らせします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
記事のカテゴリ
気軽におこしください
エコな日々、エコな建築をめざす
 「エコロジー」という言葉が使われて久しいですが、本業の建設業に「エコ」を求めるには、まず初めに自分自身が「エコロジスト」であることが重要と考えています。   移動はなるべく自転車を基本として、生活全般に「エコロジー」を取り入れるべく努力しております。
RSSリンクの表示
ご意見、ご感想を願いします
建築現場の事に限らず、自転車、マラソンと体を鍛える事が好きな方は、どうぞお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。