FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「台東区の 商業地域、防火地域 に [木造住宅] を計画する -5」                                            「こんな時こそ、経済活動を頑張りたい」                                                 「エコな建築をめざす」

 すっかり涼しくなりました。  
 秋の夜長の読書 のように充電的な過ごし方 とはまるで違いますが、深夜に及ぶ 「概算見積り作業」 を進めています。  

 概算見積り作業 といえば、父が現役の職人の頃で、ふた昔、さん昔の頃は 単に施工面積 (延べ床面積の合計) に、基本工事単価 を掛け合わせて、「概算見積り」 とする大味な算定方法でしたが、現在では、そこそこの精度で 建築計画図面 を作成して、各協力業者さんに見積り依頼をします。 

 最終的に行う 「実施見積り作業」 と作業量的には、ほとんど違いはありません。
 そんな訳で先日より各協力業者さんに依頼した図面による、実施金額が送られて来ているところです。  この各業者さんの金額を基に、「概算工事金額」 を算定する訳です。
 当然、私の経験的な判断で、金額を算定する部分も少なくありません。

 ともかくやり繰り算段にて、工事費を抑える事が、今の主流ですが、そこは経営者としての判断が必要な場合もありますし、順序、段取り良く算定していくことが、何より大切と思っています。

 建築作業において、いつに間にか 「概算見積もり作業」 は、なかなか骨の折れる仕事 に格上げされてしまったと、つくづく感じています。

 縮小画像 - 037
  1階 計画平面図 です。 道路側に並行して、駐車場広場を計画しています。

 縮小画像 - 038
  同じく 2階 平面図です。 オーソドックスな、狭小住宅として
  見積り作業を進めています。

 縮小画像 - 039
  屋根伏 平面計画図 です。 採光面積の都合で、洋室ー2 には、天窓を計画しています。

 縮小画像 - 040
  南側 断面計画図面です。

 縮小画像 - 041
  同じく、北側 断面計画図です。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「台東区の 商業地域、防火地域 に [木造住宅] 計画する -4」                                            「こんな時こそ、経済活動を頑張りたい」                                              「エコな建築をめざす」

 台風の影響か分かりませんが、朝方、夕方は幾分涼しく感じられます。  
 それでも、昼間の暑さには閉口する毎日です。  このように残暑厳しい気温の年は、秋を通り越して、一気に肌寒くなる場合もあるかもしれません。  これから訪れるかもしれない、急激な季節の変わり目には、充分注意したいと思います。

 そんな訳で、地元台東区にて、基本計画を進めております、木造住宅 「ST邸 新築工事 基本計画」 についての報告です。  「間取りプランニング」 作業は一段落しました。  
 現在は建築工事費の 「概算見積り」 の作業を進めております。 
 一般的に、「概算見積り作業」 といっても、建物の 「工事面積坪数」 に1坪あたりの標準的な 「工事単価」 を掛け合わせて、算定するようなことは、ひと昔の話で父の時代に行っていた段取りに過ぎません。

 現在では、間取り平面図、立面図、断面図、アルミサッシ建具表、木造軸組図、構造図 等をそれなりの精度で書き上げて、協力業者に流して全体工事費を算定します。

 最終的に行う 「実施見積り作業」 と作業的には殆ど差がありません。 
 単に、「概算見積り作業」 の場合は見積りに利用する図面が少なく、細部の詰めは、各協力業者の判断による場合が多いだけです。

 縮小画像 - 028
  概算見積り作業 といっても、各平面図、立面図、断面図 等の基本図面 
  以外にも上記の 「基礎伏図面」 が必要です。
  コンクリート量、基礎鉄筋量 等を見積り算定します。 

 縮小画像 - 029
  1階平面図 と一対になる、1階床軸組図 です。
  土台、柱、間柱 根太材 等の木造材料費、加工費の 
  見積り算定をします。

 縮小画像 - 030
  同様に、2階平面図 と一対になる 2階床軸組図です。
  2階床を支える、大梁材、胴差し材、桁材、等の木材料費、加工費の 
  見積り算定をします。

 縮小画像 - 031
  同様に 屋根伏図 と一対になる 屋根 小屋組図です。
  屋根を形成する 梁材、屋根たる木材、野地材 等の木材料費、加工費の
  見積り算定をします。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「台東区の 商業地域、防火地域 に [木造建築] を計画する -3」                                            「こんな時こそ、経済活動を頑張りたい」                                              「エコな建築をめざす」

 気象情報通りの残暑が続きます。
 いったん涼しくなった先々週の影響で、熱中症により体調を崩している、小学生、中学生が以外と多いことが報道されています。
 現場にて、直射日光を浴びて仕事をしている我々も、同様に注意しないといけません。

 現在、地元台東区にて、基本計画を進めております、木造住宅 「ST邸 基本計画案」 についての図面レポートです。
 もともと地元台東区では、上野の山周辺よりも低い標高地域では、風俗もOKの商業地域、防火地域となっておりますが、その反対に、木造建築は厳しく規制されております。
 
 ですが、そこは 「捨てる神あれば、拾う神あり」 の例えの通り、準耐火構造の木造にすれば、2階建て、100㎡ 以下であれば、建築可能であることが、台東区役所にて再確認できました。

 そんな訳で現在、商業値域、防火地域 に建つ木造住宅の 第2案めを 計画検討しています。 
 準耐火構造の主要点は、強化石膏ボードにて、全体を覆うように設計することのようですが、細かい部分は検討中です。

 縮小画像 - 018
  西側 計画 立面図です。 玄関があり、いわいる建物の正面側です。 
  基本的な外壁仕様は、窯状石系の防火サイディング材です。

 縮小画像 - 017
  同様に、南側 立面図 です
  一階は 居間、食堂 ですが、隣家が近く、プライバシー等の
  問題により、高窓タイプにて計画しています。
 
 縮小画像 - 020
  同様に、東側 立面図 です。

 縮小画像 - 019
  同様に、北側 立面図 です。 階段ホール側があります。 
  2階の低い位置の窓は、階段踊り場 にある小形サイズの窓です。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「台東区の 商業地域、防火地域 に [木造建築] を計画する -2」                                             「こんな時こそ、経済活動を頑張りたい」                                               「エコな建築をめざす」

 早くも 「東北大震災」 が発生して、半年になろうとしています。 さらに各メディアでは、アメリカの 「同時多発テロ事件」 の発生10年に合わせて報道されています。

 収束の進まない福島原発事故ですが、「福島の復興なくして、日本の復興なし」 の言葉を重く受け止めて、一応安全な地域にいる自分は、被災された方々の分まで、経済活動を頑張りたいと思います。

 そんな訳で、地元台東区にて、現在計画を進めております、「個人住宅 ST邸 新築工事」 に関する検討報告です。
 先日報告しました通り、商業地域、防火地域 に建てる 木造住宅なため、細かい規制がかかってしまいます。 それでも、基本的には、木造建築は建てられない地域のため、良しとしなければなりません。

 その規制の中で、最も重要な項目が、準耐火構造 とすることを、台東区役所にてアドバイス頂いた訳です。 簡単に言えば、室内空間に面する、床下地、壁下地、天井下地 に耐火性のある 専用の石膏ボードを貼り込んで、火事の延焼を防ぐ という法令主旨のようです。

 実際に考えると、工事費は多少上り、意外と大変です。

 縮小画像 - 001
  計画案 断面検討図 -1 です。
  準耐火構造 とするために 各部屋の周囲の 水色 の部分に
  耐火性の高い 石膏ボードパネル を貼り込まなければなりません。

 縮小画像 - 001a
  同様の 断面計画図 -2 です。
  同じく、準耐火構造 とするために、水色 の部分に
  耐火性の高い 石膏ボードパネル を貼り込みます。 

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「台東区の 商業地域、防火地域 に [木造建築] を計画する」                                              「こんな時こそ、経済活動を頑張りたい」                                「エコな建築をめざす」

 台風が過ぎ去って、天気が回復しました。 
 現場にとっては有難い、快晴が続くようになりましたが、「まだまだ残暑が続きますよ」 とお天道様の声が聞こえるような、暑い毎日です。

 現場での打合せ、段取りは午前中に早々に済ませて、めずらしく 「建築基準法、同施行法令、消防法」 などの法律関係の検討、確認に頭を痛めています。
 ただ今、地元台東区にて、木造建築の基本計画を進めております。

 ちょこっと話は脱線しますが、台東区の都市計画における、用途地域は、江戸時代からの流れか、誠に珍しい地域パターンになっています。
 東京大学、東京芸術大学、及び各国立博物館が、林立する 「上野の山 地域」 は立派な 「文教地域、第一種住宅地域」 となっていますが、上野駅 (JR線路) を境に、我が浅草に至っては、色町の吉原をバックに、風俗何でもOKの 「商業地域、防火地域」 となっています。

 話を戻すと、我々の住んでいる地域は、その 「商業地域、防火地域」 のど真ん中に当たる訳です。 何でもOKの 「商業地域、防火地域」 ですが、厳しく規制されているものがあります。
 何とそれが 「木造建築」 な訳です。

 施主様の希望が、「木造建築の住宅」 ですから、出発点からつまづいている状態です。 情報によると、ある手段を取れば、木造が可能らしいのですが、不勉強な 一級建築士 には、詳細は不明です。

 仕方がなく、地元の 「台東区役所 建築課」 へ御指導を賜りに伺うと、とても親切に説明してくれました。 きっと自分の様な不勉強な 建築士 がいるんだろうなあと 自分に都合のいい分析をします!!
 灯台元暗しではありませんが 「準耐火構造の形態」 にすれば、100㎡ かつ、2階までの 木造建築が建てられるとの事でした。 「なあんだ そっか」 の感じです。 

 てな訳で、午後から深夜まで、製図台、PC-CAD に向かう毎日です。

 縮小画像 - 003
  商業地域、防火地域 に木造建築を建てる場合の法的マニュアルです。
  役所の方が親切に教えてくれました。  
  でも、あなた 一級建築士? 的な 「まなざし」 は感じた! 

 縮小画像 - 002
  現場仕事よりもデスクワークは疲れる感じがする。
  体を動かさないから、血流が悪くなるのがわかります。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

高田工務店

Author:高田工務店
台東区は浅草の下町で、建設業の工務店を経営しています。
私で3代目となります。建設不況といわれていますが、世間様の荒波に負けることなく、日々楽しみながら頑張っております。
建設現場の楽しいことなど、いろいろとお知らせします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
記事のカテゴリ
気軽におこしください
エコな日々、エコな建築をめざす
 「エコロジー」という言葉が使われて久しいですが、本業の建設業に「エコ」を求めるには、まず初めに自分自身が「エコロジスト」であることが重要と考えています。   移動はなるべく自転車を基本として、生活全般に「エコロジー」を取り入れるべく努力しております。
RSSリンクの表示
ご意見、ご感想を願いします
建築現場の事に限らず、自転車、マラソンと体を鍛える事が好きな方は、どうぞお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。