スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「台風15号による 建物被害 補修作業です -3」                                            「こんな時こそ、経済活動を頑張りたい」                                            「エコな建築をめざす」

 二つの台風が上陸して、何かと騒々しかった9月ですが、あと一日を残すだけと成りました。
 猛烈な残暑と台風に悩まされ、現場仕事の我々にとっては、まったくもって迷惑な 晩夏 となり、早く 10月 になって欲しいと思いる仲間ばかりです。

 そんな訳で、昨日に続き、台風15号 にて屋根の一部に被害を受けた 「御近所宅 SF邸」 屋根補修作業の現場報告です。 
 屋根屋さんの作業順番待ち という事態でしたが、昨日の 「御近所宅 MK邸」 に続き、二日間続けて都合を付けて頂き、順調に補修作業をすることができました。 

 建物は、店舗併用 2階建て 木造住宅で、築30年程の年季の入った建物ですが、柱、梁 等の構造骨組は、以外しっかりしている感じです。 こちらは、当社での新築工事建物ではありません
 屋根の物干し場に上がる階段部分の屋根 3㎡ が台風により 吹き飛んでしまいました。  
 現況は、カラー鉄板 平葺きの屋根です。  今回の改修作業でも、同様な屋根工法としました。

 縮小画像 - 002
  台風に直撃を受けた翌日の状況です。
  すっかり屋根表面が飛ばされて、下地材だけの状態です。
  雨が漏る というより 雨が降る 状態だったとのことですが、
  まさに、その通りだったと思います。

 縮小画像 - 005
  てんてこ舞の、屋根屋さんが来るまで、ともかくブルーシートにて
  保護養生をしておきました。

 縮小画像 - 044
  やっとこ屋根屋さんが、昨日の MK邸 に続き、都合を付けて頂きました。
  防水フェルトを敷き込みます。

 縮小画像 - 047
  仕上げ屋根工法は、カラー鉄板 平葺き屋根 です。 
  細部は、現場にて微調整する前提で、鉄板ば、「はげ加工準備」 をしておきます。

 縮小画像 - 050
  カラー鉄板 平葺き屋根 工法として、階段室下段 より屋根補修を進めます。
  棟部分の現場合わせ 加工取付 をして、終了です。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「台風15号による 建物被害 補修作業です -2」                                             「こんな時こそ、経済活動を頑張りたい」                                             「エコな建築をめざす」

 二つの大型台風が上陸して、騒々しかった今月ですが、暑さもすっかり影をひそめて、涼しくなりました。  台風にて被災された地域の方々へは、心よりお見舞い申し上げます。 
 一段落されましたでしょうか?  一応、直撃を受けても軽微な被害の地域の自分は、被災された方々の分まで、経済活動を頑張りたいと思います。

 そんな訳で、台風15号により、屋根部分の被害を受けた、「御近所宅 MK邸」 補修工事の現場報告です。
 ともかく、屋根屋さんの仕事順番待ちという事態でありましたが、何とか都合を付けて頂き、今日の補修作業にこぎ着けました。

 もともと、築30年程の木造3階建て住宅で、父が現役の時に新築工事をした建物です。 
 屋根はカラー鉄板瓦棒葺きですが、今回の台風にて、約2坪分 (3.6m四方) が吹き飛んでしまいました。  カラー鉄板という材料ですが、30年過ぎた今でも、ごく普通に使われている、普及材料というのも、奥が深いと思います。

 縮小画像 - 009
  9月22日 台風15号 による直撃にて、屋根のとんでしまった MK邸です。

 縮小画像 - 017
  同日、応急処置として、ブルーシートを被せておきました。

 縮小画像 - 024
  約1週間後、やっとこ屋根板金屋さん に都合をつけてもらい、
  補修作業となりました。
  剥がれずに、残っている下地材を撤去して、下地部分を平らにします。

 縮小画像 - 029
  下地野地板 ラワン合板 12㎜ を敷き込、防水フェルト紙 を敷き込みます。
  455㎜ ピッチにて、下地たる木材 30×40材 をビス止めします。
  この たる木材 が、瓦棒と基本となります。

 縮小画像 - 030
  改修建物 MK邸 東面です。 3階部分 立面です。

 縮小画像 - 033
  瓦棒 の間に、加工曲げ鉄板 を敷き込みます。
  屋根天端部 棟周りの鉄板加工状況です。
  現場合わせにて、現場にて切断加工 する部分です。

 縮小画像 - 035
  補修作業が完了しました。
  色の違いは、新旧の差に他なりません。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「台風15号による 建物被害 補修作業です -1」                                           「こんな時こそ、経済活動を頑張りたい」                                              「エコな建築をめざす」

 台風12号 に続き、大型台風15号 が本土を直撃しました。 
 紀伊半島方面の 積止め湖、土砂ダム への直撃は免れましたが、中部地方に続き、関東地方でも直撃を受けてしまいました。

 台風の大雨による洪水等にて被災された方々へは、心よりお見舞い申し上げます。 地元台東区、浅草での洪水被害は、おかげ様で皆無だったようです。

 それでも台風による強風により、屋根の一部が吹き飛んだという連絡を二件ほど頂き、台風一過の本日、早々に現場調査をしました。
 二軒とも、築35年 以上の木造2階建ての 「店舗併用住宅」 で、それぞれ当社にて新築工事をさせて頂いた御得意様の建物です。
 
 新築当時の私はまだ高校生の頃で、てんで稼業には興味を持っていない頃です。 現役だった父が (ちょうど今の私と同年代あたりか!) 現場監督として直接工事をした建物です。

 現場調査の結果、それぞれの建物は、同様に築年数による屋根木組下地の劣化が原因のようです。 損害保険屋さんに提出する書類の資料として、現況写真と応急処理の写真を撮りました。

 縮小画像 - 002
  台風の強風により、屋根の一部が飛んでしまった SF邸様 です。
  築35年以上の建物ですで、父が新築工事をした建物です。
  長い御付き合いの お得意様です。

 縮小画像 - 001
  同じく SF邸様 屋根の下端部分です。 一部 鉄板平葺き屋根 がに残っています。 

 縮小画像 - 005
  応急処置として、ブルーシートによる仮設屋根を被せました。
  一応、雨対策は大丈夫だと思います。

 縮小画像 - 008
  同じく SF邸様 ブルーシート仮設屋根の 下端部分です。
  平板材を添えて、木ビスにて固定しました。

 縮小画像 - 009
  同じく台風の強風により、屋根の一部が吹き飛んでしまった MK邸様です。
  築30年程の建物です。 やはり父が工事をした建物で、
  長い御付き合いの お得意様です。

 縮小画像 - 011
  約3坪分の屋根が飛んでしまいました。
  カラー鉄板 瓦棒による 一般的な屋根です。

 縮小画像 - 013
  屋根棟側からの全景です。 屋根下地の 断熱材パネルも
  吹き飛んでいるようです。

 縮小画像 - 017
  同様の応急処置として、ブルーシートを被せました。

 縮小画像 - 021
  ブルーシートは同様に 平たる木材を添えて、ビスにて仮固定しています。
  30年以上前の父が現役だった頃の 工事詳細工法 をうかがい
  知ることが出来ました。  あまり手は掛けてないように思う!! 

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

高田工務店

Author:高田工務店
台東区は浅草の下町で、建設業の工務店を経営しています。
私で3代目となります。建設不況といわれていますが、世間様の荒波に負けることなく、日々楽しみながら頑張っております。
建設現場の楽しいことなど、いろいろとお知らせします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
記事のカテゴリ
気軽におこしください
エコな日々、エコな建築をめざす
 「エコロジー」という言葉が使われて久しいですが、本業の建設業に「エコ」を求めるには、まず初めに自分自身が「エコロジスト」であることが重要と考えています。   移動はなるべく自転車を基本として、生活全般に「エコロジー」を取り入れるべく努力しております。
RSSリンクの表示
ご意見、ご感想を願いします
建築現場の事に限らず、自転車、マラソンと体を鍛える事が好きな方は、どうぞお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。