スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「台東区 上野 IS邸 アパート 改修工事 -12」

 残暑厳しい 9月上旬頃に着工して、すっかり秋本番 となりました近日中に竣工予定となる現場があります。  工事現場作業の場合、1ヵ月程 の短い工期であっても季節をまたぐ場合、意外と長く感じる場合がありますが、今回もまさにそんな感覚です。

 そんなわけで、台東区上野 の閑静な住宅街にて進めてまいりました、「IS邸 アパート 改修工事」 に関する現場報告をさせて頂きます。

 台東区と文京区の区境に位置しており、近所には東京芸術大学、東京大学がある有数の文教地区となっています。 したがって、小規模ですが、学生さんが好んで住まわれているアパートの小改修工事です。

 築40年近くなる昭和レトロ漂う木造2階建て 和風アパート を一応今風に改修する作業です。 施主のオーナー様は若くして数軒のアパートを所有しておられる 若旦那様 です。

 今回、アパートの一室が空き室となったことで、改修工事の依頼を頂きました。 
 近隣の方々の御協力により、順調に進んだ改修作業も終盤となり、特注製作した台所のステンレス加工作業、照明器具取付作業 と仕上げ段階の作業となっております。

  縮小画像 - 092
  スペースとガスメーターの関係で、既存のミニキッチンが台所に入りません。
  流し台、ガス台と特注製作しました。
  台所の仕上げ作業に、ステンレスを貼り込む福田板金工業さんです。

  縮小画像 - 101
  ステンレスシンク廻りの微調整カットに苦労しています。
  木材料と違い、現場調整がきかない ステンレス板は大変です。

  縮小画像 - 100
  ガステーブルのバックガードに ステンレス板を貼り込んでいます。

  縮小画像 - 094
  福島電気工業さんが、照明器具を取り付けています。
  仕上げ作業です。

  縮小画像 - 097
  同じく、照明器具の取付調整、コンセントプレート、スイッチプレート等の
  仕上げ作業をしています。

  縮小画像 - 001a
  改修計画図面です。 木造2階建て 学生向きのワンルームアパートです。

  縮小画像 - 001
  改修工事前のアパートです。 純和風、昭和レトロ漂う雰囲気です。
  既存台所廻りです。

  縮小画像 - 010
  同じく、改修前の 北側窓廻りです。

  縮小画像 - 019
  同じく、改修前の 南側窓廻りです。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「台東区 上野 IS邸 アパート 改修工事 -11」

 「秋分の日」 が過ぎてさぞかし涼しくなると思いきや、台風の上陸による大雨から、台風一過の暑さなどで、気温の差が激しい日々が続きます。

 体調管理が大変ですが、やはりこの涼しさは 「秋」 を感じます。 
 昼間の現場監理で大汗をかかない分、体力の消耗が少ないため、深夜の図面作業も根気が続きますが、夜食も進みます。 気温の幅以上に、体重の増減が気になります。

 そんなわけで、工事も仕上げ段階になりました 台東区上野 「IS邸 アパート 改修工事」 の現場報告をさせて頂きます。

 大下地作業が終了して、壁、天井廻りのビニールクロス貼り込み、特注製作のステンレス流し台組立、等々仕上げ工事の段階になりました。 

  縮小画像 - 076
  大工さんによります 木組下地、造作作業も先日終了しました。
  台所廻りでガス管を補修する東京ガスさんと 台所の流し台を組む建具大工さんです。

  縮小画像 - 079
  壁、天井廻りの仕上げ作業です。 継ぎ目部分にパテ下地を施し、
  ビニールクロスを貼り込みます。

  縮小画像 - 081
  天井廻りのビニールクロスが貼り終えました。
  壁部分の継ぎ目パテ下地を進めています。

  縮小画像 - 085
  スペースの都合から ミニキッチンのステンレスシンク部分をオーダーしました。
  出来上がった上部のステンレスシンクと 下部のキッチン本体と仮合体してみます。
  一応イメージ及び、寸法通りでほっと一安心です。

  縮小画像 - 086
  ステンレス加工屋さんへ渡した 台所加工図面です。
  別発注の場合、入念な打ち合わせと図面管理が大切です。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「台東区 上野 IS邸 アパート 改修工事 -10」

 「秋分の日」 を境に急に涼しくなりました。 
 現場仕事の身では、このまま寒くなって、冬へ向かうのではないかと思うほどです。

 残暑も含めて長くなった夏と厳しい寒さの冬 に挟まれて、春と秋がとても短くなった気がしてなりません。    これも異常気象なのか、それとも亜熱帯化と亜寒帯化の両極化が進んでいるのかは判りませんが、短い秋を楽しみたいと思います。

 そんなわけで、台東区上野の閑静な住宅街で進めております、「IS邸 アパート改修工事」 に関する現場報告をさせて頂きます。
 築40年程の昭和レトロ漂う 木造2階建てアパート の一室の改修工事です。 たまたま、賃貸人が部屋を出たことにより全面内装リフォームをすることになりました。

 純和風な造りから、畳を剥がしてフローリングに改修、壁、天井は 下地横胴縁材を貼り込み、ベニヤ合板を下地貼りして、ビニールクロスで仕上げることで、今風なアパートに改修する作業を進めています。

  縮小画像 - 062
  築40年程になる 昭和レトロなアパートの改修工事です。
  床は畳から、フローリング貼り替え、壁は横胴縁材を下地組みして、
  ベニヤ合板材を貼り込んでいきます。

  縮小画像 - 063
  壁、天井の ベニヤ合板貼りを終えた部分です。
  後日、ビニールクロスを貼り込みます。

  縮小画像 - 065
  同じく、ベニヤ合板下地の貼り込みが終わった部分です。
  涼しい風が抜けて、仕事もはかどります。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「台東区 上野 IS邸 アパート 改修工事 -9」

 「春分の日」 を前にしても相変わらづの暑さでしたが、天気が崩れて久し振りの恵みの雨となったことで、ようやく季節に近い涼しさとなってくれました。

 「今年の夏は暑かった」 と繰り返すのは 「屋根板金屋さん」 と 「屋上防水屋さん」 ですが、これでなんとか一段落したようです。  これからは仕事もスポーツも気持ち良く進めることが出来そうです。

 そんなわけで、台東区上野の閑静な住宅街で工事を進めております、「IS邸 アパート改修工事」 に関する現場報告をさせて頂きます。

 台東区 上野界隈 といえば誰もが JR上野駅、アメ横商店街等の下町の商店街 を思いますが、実際は上野公園、国立美術館、東京芸術大学、東京大学 というように立派な文教地域でもあります。

 そんな文教地域のはずれに位置しております 昭和レトロな 「IS邸 アパート」 ですが、立地柄多くの学生さんに利用されてきているようです。

 そんな折に、アパートのオーナーの若旦那様より、一室が空いたことでの改修工事を依頼頂き、昭和レトロ漂う内装を、今風なアパートの内装にて改修工事を進めています。

  縮小画像 - 058
  床は畳を撤去して、フローリング床に改修しています。
  現在は、壁、天井の下地作業を進めています。

  縮小画像 - 059
  壁は昭和レトロな 塗り壁仕上げですが、横胴縁を貼り込んで、
  ベニヤ合板、ビニールクロス壁にする予定です。

  縮小画像 - 060
  40×20材 横胴縁材にて、壁下地作業を進めています。

  縮小画像 - 057
  2階床下廻りの 配管状況です。 新しく便所配管が加わります。

  縮小画像 - 001a
  改修工事 予定平面図です。 いかにも学生向きなワンルームタイプです。
  

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「台東区 上野 IS邸 アパート 改修工事 -8」

 長年お世話になっておりますお得意様で、数棟のアパートを経営されている 「若旦那様」 がいらっしゃいます。  どのアパート棟も築40年クラスの木造2階建てで、いささか年代物ではありますが、台東区 上野 という地価状況を考えれば、土地だけでも立派なものです。

 そんな 「若旦那様」 より、部屋が空いたので、改修メンテナンスをお願いします という御依頼を先週頂きました。  早々に御見積り作業をして、工事費の御承認い頂き、本日より改修工事を開始することになりました。

 先代より相続されている これまた昭和レトロな 木造アパート住宅ですが、今回は畳敷きの和室仕様から、フローリング床、ビニールクロス壁、天井の 今風な洋室仕様へと改修します。  
 さらに便所も、今風に新規造作することになりました。
 
 上野という土地柄、駐車スペースがなく、材料の荷上げ作業が大変ですが、手際良く進めていきたいものと思います。

  縮小画像 - 044
  木造アパートを数棟御持ちの 若旦那様より、部屋が空いたことにより、 
  改修メンテナンスの依頼を頂きました。 解体作業から掛かります。

  縮小画像 - 045
  現況は 畳敷き込み 和風仕様のアパートですが、フローリング貼り
  ビニールクロス貼りの 洋室仕様へと改修します。

  縮小画像 - 048
  水廻りの解体作業が終わりました。 畳も撤去済みです。

  縮小画像 - 001a
  新規改修 平面図です。 今風な洋室仕様へと改修します。

  縮小画像 - 050
  畳撤去、部分解体作業が完了したところで、床造作の下地作業に掛かります。

  縮小画像 - 052
  現況の壁は、和風塗り壁仕様ですが、新たに壁材を貼り込んで
  洋風仕様とします。

  縮小画像 - 046
  畳 9枚 を含む解体廃材を積み込んだトラックです。
  明日、産業廃棄物 処理場 へ搬入します。 

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

高田工務店

Author:高田工務店
台東区は浅草の下町で、建設業の工務店を経営しています。
私で3代目となります。建設不況といわれていますが、世間様の荒波に負けることなく、日々楽しみながら頑張っております。
建設現場の楽しいことなど、いろいろとお知らせします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
記事のカテゴリ
気軽におこしください
エコな日々、エコな建築をめざす
 「エコロジー」という言葉が使われて久しいですが、本業の建設業に「エコ」を求めるには、まず初めに自分自身が「エコロジスト」であることが重要と考えています。   移動はなるべく自転車を基本として、生活全般に「エコロジー」を取り入れるべく努力しております。
RSSリンクの表示
ご意見、ご感想を願いします
建築現場の事に限らず、自転車、マラソンと体を鍛える事が好きな方は、どうぞお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。