FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地元浅草 SK寺 メンテナンス工事です -3」

 長がった残暑もようやく一段落付いたと思えば、10月 となってしまいました。
 ようやく短い秋が始まることと思います。 台風一過で少々蒸し暑い都心ですが、現場管理からスポーツまで、屋外活動 が楽になる季節です。

 そんなこんなで、今年初めての関東地方上陸の台風が通り過ぎました。  いつものことですが、台風の直撃後は、雨漏りの緊急補修で大わらわです。

 そんな折に、当社にてメンテナンス工事をやらせて頂いております 地元浅草の SK寺 様より雨漏りの補修依頼を頂きました。

 もともと駐車場廻り、軒屋根廻りの補修工事で出入りをさせて頂いておりますが、今回は本堂北側の仏殿天井付近からの雨漏りです。  築35年の劣化は見られますが、仏殿はしっかりした施工により、雨漏りが起こるとは考えにくい部分です。

 ともかく、ウレタン補修材 用意して補修に掛かりました。 それでも、直接の原因となる亀裂穴等は認められませんでした。  後日、図面をもとに、足場をかけて本格的な補修が必要になりそうです。

  縮小画像 - 023
  先日駐車場廻り 雨排水溝 の改修工事が完了した 地元浅草の SK寺です。
  今回は写真右側 本堂北側 の雨漏り補修です。

  縮小画像 - 077
  本堂北側 雨漏りが発生している上部屋根を点検しますが、
  ステンレス材による雨笠木がしっかり施工されていて、問題部分は不明です。

  縮小画像 - 085
  さらに、雨漏り上部を点検します。 写真左側は墓地です。

  縮小画像 - 086
  ステンレス材の切れ目にウレタン防水材を充填しました。

  縮小画像 - 089
  仏殿外壁廻りです。 こちらの方が亀裂が確認できます。
  同様にウレタン材を はしご を掛けて充填しました。

  縮小画像 - 091
  本堂、仏殿 北側断面図です。 〇部分が雨漏りの発生場所と思われます。
  本堂の構造は 立派な鉄筋コンクリート構造です。 屋根は木組、瓦棒葺きです。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「地元浅草 SK寺 雨排水側溝 補修工事です -2」

 相変わらずの残暑に僻々している毎日ですが、先日より地元浅草の寺院 「SK寺」 にて、駐車場廻りの雨排水側溝の補修工事を進めております。

 私の祖父(高田工務店 初代) が戦後すぐに改修工事をさせて頂いたようですが、父(高田工務店 二代目) の時は、仕事の御縁は無かったようです。

 数十年振りに私(高田工務店 三代目) に補修工事を頂くという スパンの長さが寺院仕事の奥深さかもしれません。 
 浅草下町の寺院の建築形態を網羅する SK寺の造りは、道路からすぐに2階本堂へ導く階段があり、本堂の下階の1階部分が駐車場となっている典型的な 都市型寺院です。 

 今回は、その駐車場の雨排水側溝廻りの補修工事をさせて頂いております。  
 今後とも、スパンの長い御付き合いが大切と思っております。

  縮小画像 - 049
  下町の都市型寺院の典型的な造りの SK寺 です。
  道路から直接2階本堂へ導く階段があります。
  本堂の下が今回の改修工事を進めている 駐車場となっています。

  縮小画像 - 046
  1階 駐車場の 雨排水側溝の改修工事です。

  縮小画像 - 048
  コンクリート、左官屋さんが 既存の雨側溝を壊していきます。

  縮小画像 - 052
  雨排水側溝には鋳鉄製の格子がかぶせてありますが、
  長年の劣化により、ガタガタです。

  縮小画像 - 053
  雨排水側溝 内部のコンクリート補修が完了しました。

  縮小画像 - 059
  鉄格子をかぶせて、左半分の雨排水側溝の補修が完了しました。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「地元浅草 SK寺 外壁廻り 補修工事です -1」

 残暑厳しい毎日が続きます。 
 台風14号がそのまま北進して、朝鮮半島方面に進んでしまいました。 台風の上陸は、もはや御勘弁願いたいものですが、程良い 「恵みの雨」 は何とかお願いしたいところです。

 そんな暑さに飽き飽きしている折に、地元浅草の寺院 「SK寺」 にて改修工事を進めております。 私の祖父(高田工務店 初代) が戦後すぐに改修工事をさせて頂いたようですが、父(高田工務店 二代目) の時は、仕事の御縁はなかったようです。

 数十年振りに 私(高田工務店 三代目) の時に改修工事を頂くという スパンの長さが 寺院仕事の奥深さかもしれません。  今後とも長い御付き合いが大切と思います。

  縮小画像 - 040
  残暑厳しい折に、地元浅草 「SK寺」 におきまして、
  外回りの補修工事を進めております。

  縮小画像 - 043
  本堂横の 駐車場屋根廻りの 改修作業が中心です。

  縮小画像 - 032
  御参りに来られる 「檀家様」 が傘をささずに歩けるように、
  小屋根を造作していきます。

  縮小画像 - 039
  木造骨組を仕上げて、段取り良く半透明の波板を貼り込んでいきます。

  縮小画像 - 033
  屋根を掛けた通路は、墓地へと続きます。
  約700家の檀家様が安らいでいます。 規模的には大きくありませんが、
  地価の高い下町としては、大きな寺院に入ります。

  縮小画像 - 001a
  通路の屋根 計画図面と 雨排水路の計画図です。
  雨排水路工事は、もう少し先になります。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「地元浅草 SK寺 外構廻り 補修計画です」

 今週より当社におきましても、有り難い夏休みが始まりました。
 地元浅草でもスカイツリー効果と申しましょうか、遠方からの御客様はもとより、外国からのバックパッカーの方々が多く見受けられ、有り難い限りです。

 皆様が浅草へお越しいただき、飲食店が繁盛、活気付くことで、ちょこっと店舗の模様替え、改修工事でもしようかなあ てな雰囲気になって初めて我々の出番となるわけです。

 そんな折に、お盆の御墓前りの方々もひと段落した地元の寺院様より補修工事の御話を頂きました。   浅草は観光地、色街として印象がありますが、実は浅草寺観音様に代表される 寺町 でもあります。

 浅草から下谷、上野、谷中界隈にかけての 1㎞ 四方の寺院の密度は実は京都市に並ぶ密度なことは、あまり知られていません。
 
 そんなわけで、近所の御寺様より部分補修の御話を頂き、打合せに伺いました。  
 私は初対面のつもりでしたが、御住職様、及び奥様は 「高田工務店の放蕩息子」 として以前から知っておられたようで、有り難いことです。

 今回は、建物本体より、御参りに来られる方々のために、境内の路面、足元の補修が中心です。

  縮小画像 - 022
  観光地としての印象が強い浅草ですが、実は浅草寺観音様に代表される寺町でもあります。 
  そんな折、地元の寺院 より改修の打合せをしました。  寺院の全景です。 
  写真左側が庫裏、右側2階が本堂、1階が駐車場です。

  縮小画像 - 002
  今回は本堂の下の駐車場の補修工事が中心です。

  縮小画像 - 013
  特に痛みの激しい 路面、雨排水溝 金属格子部分です。
  御参りに来られる方々にも不便をかけていたと、御住職のお話です。

  縮小画像 - 004
  雨漏りに困っている 駐車場奥の 軒先屋根廻りです。

  縮小画像 - 001a
  てなわけで、改修方法を 図面にて 御住職 に御提案しました。

  世間様は夏休みですが、おかげさまで、休んではいられそうにありません。    

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

高田工務店

Author:高田工務店
台東区は浅草の下町で、建設業の工務店を経営しています。
私で3代目となります。建設不況といわれていますが、世間様の荒波に負けることなく、日々楽しみながら頑張っております。
建設現場の楽しいことなど、いろいろとお知らせします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
記事のカテゴリ
気軽におこしください
エコな日々、エコな建築をめざす
 「エコロジー」という言葉が使われて久しいですが、本業の建設業に「エコ」を求めるには、まず初めに自分自身が「エコロジスト」であることが重要と考えています。   移動はなるべく自転車を基本として、生活全般に「エコロジー」を取り入れるべく努力しております。
RSSリンクの表示
ご意見、ご感想を願いします
建築現場の事に限らず、自転車、マラソンと体を鍛える事が好きな方は、どうぞお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。