FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鉄骨工場へ 溶接作業依頼 打合せです」

 お盆休みもひと段落して、今日あたりから仕事を始める皆様も多いことと思います。
 それでも、お盆休みを遅めに始めた会社もあるわけで、今週は車も少なめで、まだお休みモードのように感じます。

 そんな折に、現在改修作業を進めております 世田谷区 HR邸 の補修作業の一環で、ステンレス製の郵便、多目的ポスト (インターホン、表札付き) を修理することになり、本体を外して当方で預かっておりました。

 多目的ポスト本体が、ステンレス平材から カット・オーダー で製作した特注品のために、既製品では寸法が合わず、本格的に修理をすることになったわけです。

 とはいうものの、ステンレス製品の細かい溶接作業が出来る専門の鉄工所が見つからず、苦心していましたが、板金屋さんの紹介で、何とか補修可能な技術を備えた鉄工所さんに出会うことが出来ました。

 早々にステンレス製の多目的ポスト本体を持ち込み、修理をお願いしました。
 細かい溶接作業ですが、快く溶接 修理作業に応じて頂き、感謝、感謝です。

  縮小画像 - 009
  高価なステンレス製品の溶接修理に対応して頂ける 諏訪製作所 さんです。
  移動は、トラックが現場に出ているため、珍しく ホンダ・フィット君です。

  縮小画像 - 010
  早速、HR邸 より外してきた 多目的ポスト の溶接補修をお願いしました。
  細かい作業ですが、快く作業に応じて頂いた、若旦那さんです。 

  縮小画像 - 006
  作業場全景です。 いろいろな部品の製作をされているようです。

  縮小画像 - 013
  同じく 奥側 作業場全景です。
  約1時間ほどの作業で完了しました。  お世話様でした。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「材木屋」 さんから 「現場」 へ木材料を、せっせとを運んでいます                              「エコな建築をめざす」

 このところ天気に恵まれて、現場作業も順調に進んでいます。 
 
 現場作業が天気に左右されるのは避けようがありませんが、木材の運搬、搬入作業も天候に左右されます。 
 宅配便屋さんのようなボックス型荷台のトラックがあれば、天気を気にすることもありませんが、我々建築業は、長木材、砂利や土、場合によっては植木類も運ぶため、やはりオープン型の平ボディートラックが必要です。

 そんなわけで、天気の続くこの時期にほぼ毎日材料を運んでいます。
 当然、運転手兼、搬入作業員は、現場監督でもある高田工務店3代目の私です。 
 材木屋さんに配達させる場合もありますが、材料の品質をチェックするため、時間のある限り私が運搬します。

 縮小画像 - 049
   木材料の仕入れ先は、お得意様でもある木材問屋の 「三幸林産」 さんです。
   自然乾燥機の設置しているドライランバー部で、昼の小休止です。

 縮小画像 - 050
   バイオ乾燥技術を取り入れた木材乾燥機です。 我々が施工した逸品です。
   詳細はバイオ木材乾燥機のカテゴリー項を参照下さい。

 縮小画像 - 053
   1,5t 小型トラックに、構造用合板を100枚、柱30本、たるき材2束
   を積みこみました。 これから現場に向かいます。

 縮小画像 - 055
   構造用合板100枚の近景です。 重量的にはそれ程ではありませんが、
   しっくり積めないため、意外と荷台が揺れます。
   これから、荷降ろし、搬入作業です。 当然私一人で行います。
   へたなボディージムより筋肉の刺激になります!!


  
 

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

公的機関にて コンクリート強度試験です -2                            「エコな建築をめざす」

 小春日和の土曜日です。 屋根仕事の現場作業も、長袖ジャンバーをぬいで、薄手の作業着で頑張りました。 来週からはまた冷え込むようですが、今日で屋根下地の木仕事は終了するので、まあ良しとします。

 今日は 「NS邸 新築工事」の1階床コンクリートの、28日後の強度検査に立ち会いました。 一般的に建築現場では、どんな種類の建物でも、基礎廻りにはコンクリートを流し込んで固める 「コンクリート打設作業」 があります。
 その場合、流し込んだコンクリートが予想している強度 (設計強度と呼びます) になっているかを検査しなければなりません。

 検査と言っても、現場で固まったコンクリートを壊す訳にはいきません。 
 そこで、コンクリート打設作業当日、流し込んでいるコンクリートから、委任された公的機関の方が、少々のサンプル材を採取して、28日間充分に固まらせてから、強度試験(圧縮破壊検査)測定を行います。

 今回のコンクリートの場合は、「設計強度24N」 に設定されています。 この数値は、1立方センチメートル当たり、約240㎏の重さに耐えられる強度があることを示します。

 3個のテスト試験体の強度試験の結果、平均値をとり 余裕の29Nの数値となりました。  充分に強度のあるコンクリートであることが、公的機関の検査で確認されたことになります。

 当然、この試験データーは、役所に提出の義務があります。

 縮小画像 - 011
   試験までの28日間はこの容器の中で、保管されます
   容器の中は水が入っています。 いわいる水中養生です。
   写真中央の3本の円柱試験体をこれから試験します。

 縮小画像 - 013
   圧縮試験機に、試験体をセットします。
   圧力をかけることで、強度を測定します。 当然、3回おこないます。

 縮小画像 - 014
   試験円柱体を、圧縮試験中です。 横の目盛が強度を示します

 縮小画像 - 016
   他の現場の円柱試験体の鋳鉄製型枠です。
   これを現場に持参して、コンクリートを均等に流し込みます。

 縮小画像 - 023
   3本の円柱試験体のうち、1本が不自然な数値となりましたが
   余裕の合格です。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

協力業者 「宮田鉄工所」様へ 打合せに伺いました。                    「エコな建築をめざす」

 ただ今進行中の現場、江戸川区 「NS邸 新築工事」 の鉄骨骨組部分の製作加工をお願いしております、協力業者の 「宮田鉄工所」様へ、打ち合わせに伺いました。

 一般的に、鉄骨骨組を加工製作する場合、端部の細かい部分や、鉄骨鋼材の加工納まり上、重要な部分は、原寸大の図面を製作して検討します。
 
 今回の 「NS邸 改修工事」の場合も同様に、階段廻り、屋根勾配廻り の原寸図を製作、検討することになりました。
 その上で、設計監理担当の 「保戸田建築設計事務所」 様を交えて、最終検討を行います。

 縮小画像 - 013
  宮田鉄工様の作業場風景です。 近日中にNS邸の、鉄骨部材が搬入されて、
  加工が始まります。

 縮小画像 - 017
  大形部材が搬入される前に、柱材、梁材のジョイント部分となる
  細かい材料が搬入されて、加工が始まっていました。

 縮小画像 - 018
  同様に、柱材と梁材の接合部分の部材加工風景です。

 縮小画像 - 001
  作業場2階の原寸図製作室にて、原寸図の検討です。
  床が黒板のようになっています。 専用のチョークで図面を描きます。
  白色のフィルム状のものは、階段ささら横板図面を描いたシートです。

 縮小画像 - 005
  保戸田設計様(右側)と藤原工場長(左側)が、原寸図を見ながら
  最終検討をしています。 私は横で再確認します。

 縮小画像 - 006
  同様に、打合せを終えた階段部分の原寸図です。

 縮小画像 - 011
  階段図面の近景です。 廻り階段のため、半円状となっています。
  

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

協力業者 「宮田鉄工所」様 にて打合せをしました -3               「エコな建築をめざす」

 20年以上の御取引きをさせて頂いております「宮田鉄工所」様へ、現在現場進行中の「S/E社 東京支店」改修工事と、現在最終見積り中の「N邸 新築工事」の打ち合わせのために伺いました。

 鉄骨加工場では、3階建ての鉄骨加工鋼材の仕上げ段階です。 
 鉄骨鋼材に電磁石で仮固定して、小穴を開けられるドリルにて、最終仕上げの真最中です。

 縮小画像-010
  鉄工所入口から作業場風景です。 3階建ての鉄骨鋼材があります。

 縮小画像-014a
  サビ止め塗料を塗り終わったところです。

 縮小画像-015a
  写真左下が柱材、右上が梁材です。

 縮小画像-013
  錆止め塗料を塗る前の、L型鋼材の穴あけ作業です。 
 電磁石で鋼材材料に簡単に仮固定できてボール盤のようにレバーを倒すことで
  簡単に直径10mm内外の穴が、30秒ほどで開けられます。
  すご腕のハンディーな小型機械です。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

高田工務店

Author:高田工務店
台東区は浅草の下町で、建設業の工務店を経営しています。
私で3代目となります。建設不況といわれていますが、世間様の荒波に負けることなく、日々楽しみながら頑張っております。
建設現場の楽しいことなど、いろいろとお知らせします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
記事のカテゴリ
気軽におこしください
エコな日々、エコな建築をめざす
 「エコロジー」という言葉が使われて久しいですが、本業の建設業に「エコ」を求めるには、まず初めに自分自身が「エコロジスト」であることが重要と考えています。   移動はなるべく自転車を基本として、生活全般に「エコロジー」を取り入れるべく努力しております。
RSSリンクの表示
ご意見、ご感想を願いします
建築現場の事に限らず、自転車、マラソンと体を鍛える事が好きな方は、どうぞお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。