FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸川区 NS邸 新築工事-3  「STコラム工法による地盤改良工事」です   「エコな建築をめざす」

 江戸川区にて検討して参りました、保戸田建築設計事務所様の設計監理による、「NS邸 新築工事」 がいよいよ着工の運びとなりました。
 8月初旬の大安吉日に地鎮祭をとり行い、めでたく先日に着工致しました。

 今日は「地盤工事」2日目となります。 鉄骨構造3階建ての計画のため、本格的な「杭工事」は必要ありませんが、地盤強度を高めるために、地盤改良工事をすることになりました。

 地盤改良工事については、昨日30日のブログを御参照下さい。

 昨日は順調に地盤改良の「STコラム杭」を施工することができました。 全本数42本のうち、半数以上の24本を打つことができました。 本日で終了すべく残りの18本を施工します。

 縮小画像 - 045
  順調に残りの地盤改良杭を施工しています。

 縮小画像 -  049
  敷地北側の地盤改良杭用のドリルが、地中の固い障害物にあたって進まなくなる
  ハプニングが発生しました。

 縮小画像 -  052
  急きょドリル堀を中止してミニユンボーによる小掘削をしました。
  予想通り、障害物となる大形の石がありました。 約1時間のロスタイムです。

 縮小画像 -  072
  再度気を取り直して、地盤改良ドリルにて施工します。

 縮小画像 -  091
  無事に地盤改良杭すべて打ち終わりました。 現場の全景です。

 縮小画像 -  097
  機材の撤収を開始します。 強化剤のセメント混入機も中が空となれば
  重量は1t程度です。

 縮小画像 -  103
  掘削ドリル機器も8t平ボディー車に楽々詰め込めます。

 縮小画像 -  107
  地盤改良工事完了後の敷地全景です。

 地盤改良 STコラム工法 株式会社 ソイルテック www.soiltec.co.jp

 施工管理  株式会社 高田工務店 www.takadakomuten.co.jp

 
スポンサーサイト

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

江戸川区 NS邸 新築工事-2  「STコラム工法による地盤改良工事」です   「エコな建築をめざす」

 江戸川区にて検討して参りました、保戸田設計事務所様の設計監理による、「NS邸 新築工事」 がいよいよ着工の運びとなりました。
 8月初旬の大安吉日に地鎮祭をとり行い、めでたく先日に着工致しました。

 先日の「地なわ張り作業」、「水平やり方作業」も終了して、いよいよ本格工事となります。
 そんな訳で今日から「地盤工事」と相なります。  
 
 新築建物は鉄骨構造3階建てのため、本格的な「杭工事」は必要ありませんが、地盤強度を高めるために、地盤改良工事をすることになりました。

 「地盤改良工事」とは? 
 いくつかの工法がありますが、今回の工法は「STコラム工法」と呼ばれる工法です。
 現況地盤に大型ドリル(直径600㎝)にて深さ3mまで掘り進みます。 ドリルを引き抜く時に、ドリル先端から強化剤セメントを地中に噴射します。 
 強化剤セメントと地盤の土が混ざり、硬化することで、地盤そのものの耐圧強度が増す訳です。

 下記はおおまかな施工仕様書です。 ドリルの先端から強化剤セメントが噴出します。
 縮小画像 -  005
 縮小画像 - 012
  現場に8tトラックにて機材を搬入します。

 縮小画像 - 020
  地盤地中に噴出する、強化剤セメント材です。

 縮小画像 - 016
  強化剤セメントに使う水です。 2t簡易水槽を利用します。

 縮小画像 - 043
  強化剤セメントを混合機器に流し込みます。 水と混ざり流動性のある強化剤となります。
  圧力をかけて、ドリル先端から噴出します。

 縮小画像 - 025
  準備が整いました。 いよいよ地盤改良杭の作業開始です。

 縮小画像 -  014
  掘削ドリル機器本体の全容です。 これだけで重量は7tあります。

 縮小画像 - 042
  掘削作業中です。 ドリルシャフトのみ見えます。 ドリル本体は地中です。

 縮小画像 - 035
  数本目が終了して、ドリルを引き抜いたところです。

  工事施工は、株式会社 高田工務店 
    よろしかったらホームページをご覧ください。  www.takadakomuten.co.jp  
 
  地盤改良 STコラム工法 株式会社 ソイルテック
よろしかったらこちらの方もホームページをご覧ください www.soiltec.co.jp

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

江戸川区 NS邸 新築工事 -1  「いよいよ着工しました」                         「エコな建築をめざす」

 江戸川区にて検討して参りました、保戸田設計事務所様の設計監理による、「NS邸 新築工事」がいよいよ着工の運びとなりました。
 先日の8月初旬の大安吉日に地鎮祭をとり行い、めでたく今日着工となりました。
 
 今日は、敷地境界ブロック等の確認と、大まかな建物の大きさ、配置状況、道路からの建物の高さ状況等をチェックすべく、敷地内に建物の外壁に沿ってなわを張りました。 
 いわいる「地なわ張り作業」、「水平やり方作業」 です。

 厳しい残暑が続きますが、一同頑張って参ります。 よろしくお願い申し上げます。

 縮小画像 001
   敷地東側の隣地境界廻りです。 道路側から敷地奥を見た状況です。

 縮小画像 003
   敷地西側の隣地境界廻りです。 道路側から敷地奥を見た状況です。

 縮小画像 004
   敷地西側の隣地境界廻りです。 敷地奥から道路方向の状況です。

 縮小画像 005
   敷地北側の隣地境界廻りの状況です。

 縮小画像 008
   道路側から撮った敷地全景です。 水平やり方作業が終了しました。

 よろしかったら 当社のホームページもご覧ください
   株式会社 高田工務店 www.takadakomuten.co.jp

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

草加市 レストラン・バー 入口階段 改修工事 -11                                     「エコな建築をめざす」

 このところ地元台東区での仕事が続いておりましたが、久しぶりに埼玉県は草加市での、店舗の改修工事の御縁を頂きました。
 現場条件、改修内容が久し振りなため、良い刺激になっております。

 階段廻りの小改修工事ですが、店舗改修の定番として、短期決戦が要求されました。
 また、年中無休の営業のため、夕方4時には後片付け、清掃クリーニング作業を始めて、5時には撤退という段取りの仕事です。 7時の開店を遅らせることは厳禁のため、意外と気を使います。

 一応今日で作業終了です。 化粧造作壁の内側に間接照明 (蛍光灯の電球色) を取り付けて作業終了です。

 縮小画像 - 106
  化粧造作壁の裏側に蛍光灯による間接照明を取り付けます。

 縮小画像 - 107
  配線は当然前もって作業済みですが、化粧壁を痛めないように注意します。

 縮小画像 - 108
  化粧造作壁と外壁側の壁とのすき間に照明をセットします。 
  化粧造作壁は「T字型」の断面です。 金物にて外壁側の壁に固定されています

 縮小画像 - 110
  工事完了しました。 間接照明を点灯しました。

 縮小画像 - 111
  同様に2階からの見下げ風景です。

 縮小画像 - 120
  参考までに改修工事前の階段廻りです。

  よろしかったら ホームページの方もご覧ください
   現場内装工事 株式会社 高田工務店 www.takadakomuten.co.jp

  内装デザイン 設計 株式会社 アキュート設計  代表 桑谷 佳容

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

草加市 レストラン・バー 入口階段 改修工事 -10                                           「エコな建築をめざす」

 このところ地元台東区での仕事が続いておりましたが、久しぶりに埼玉県は草加市での、店舗の改修工事の御縁を頂きました。
 現場条件、改修内容が久し振りのため、良い刺激になっております。

 階段廻りの小改修工事ですが、店舗改修の定番として、短期決戦が要求されております。
 また、年中無休の営業のため、夕方4時には後片付け、清掃クリーニング作業を始めて、5時には撤退という段取りの仕事です。 店舗の開店を遅らせることは厳禁のため、意外と気を使います。

 改修工事も順調に進みました。 今日は新規の手摺を両わきに取り付けました。 
 ナカ工業の一体型手摺 (2階まで連続して一本の手摺が続くタイプ) のため、壁の出っ張り部分、上下左右の曲がり等を事前に寸法取りしました。
 慎重な打ち合わせのため、一応難なく納めることができました。

 縮小画像 - 100
  手摺のブラケットの取り付け位置をチェックします。

 縮小画像 - 101
  同様に、コーナー曲がり部分等の、手摺ブラケットの位置を慎重に割り出します。

 縮小画像 - 102
  ブラケットの位置が決まれば後は下穴をあけて、コーチボルトにて固定します。

 縮小画像 - 103
  同様に化粧造作壁にも手摺ブラケットの下穴をあけます。

 縮小画像 - 104
  全体の曲がり、歪みをチェックしながら、アルミ型材の手摺芯を組み込みます。
  握り部分のゴムは最後に取り付けます。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

高田工務店

Author:高田工務店
台東区は浅草の下町で、建設業の工務店を経営しています。
私で3代目となります。建設不況といわれていますが、世間様の荒波に負けることなく、日々楽しみながら頑張っております。
建設現場の楽しいことなど、いろいろとお知らせします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
記事のカテゴリ
気軽におこしください
エコな日々、エコな建築をめざす
 「エコロジー」という言葉が使われて久しいですが、本業の建設業に「エコ」を求めるには、まず初めに自分自身が「エコロジスト」であることが重要と考えています。   移動はなるべく自転車を基本として、生活全般に「エコロジー」を取り入れるべく努力しております。
RSSリンクの表示
ご意見、ご感想を願いします
建築現場の事に限らず、自転車、マラソンと体を鍛える事が好きな方は、どうぞお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。