FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の締めくくり 「皇居ランニング」 です     「エコな日々をめざす」

 いよいよ年の瀬 大晦日です。 毎年恒例の締めくくり 「皇居ランニング」 へ、少々肌冷えする気温ですが、久しぶりに妻と出掛けました。

 肌冷えはしますが、風がほとんどないため、日向では温かです。 
 また、2㎞程走り、有酸素運動が始まる頃には、ちょうど良い体感温度となります。

 そんな訳で、妻と久し振りの皇居を楽しみました。 2周 10㎞ の距離は、疲れ気味の体には、程良い運動量です。

 縮小画像 - 004
  久しぶりの皇居に張り切る妻です。 気温が低いため、充分なストレッチをします。

 縮小画像 - 005
  一応、私もストレッチだけは真面目にします。 

 縮小画像 - 008
  さっそうと走りだす妻です。 スタート時が早いから、後でばてるんだけどなあ!

 縮小画像 - 009
  一般参賀に備えて、テントシートの準備も万端です。

 縮小画像 - 010
  皇室な方々の通用門 「半蔵門」 前です。 警備車両も待機しています。

 縮小画像 - 011
  一応、10㎞ 走り終えて、整理ストレッチです。

 縮小画像 - 015
  着替えのアストロに戻って、最終のストレッチです。

 縮小画像 - 016
  私も寒いので真面目にストレッチをします。

 今年も一年 「それなり」 に頑張りました。 
 来年も、体重コントロールと怪我に気をつけて、「それなり」 に頑張りたいです。 
 仕事も、スポーツも 頑張り過ぎず、「それなり」 に行く 「高田工務店 3代目」 です。
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

「材料置き場の整理にて 本年の仕事納めです」                              「エコな建築をめざす」

 本日の30日をもって有難く仕事納めです。 現場納めの方は、昨日の29日です。
 仕事納めの恒例として、材料置き場の整理をしました。 
 
 私が高校生の頃までは、父が、やれこれは 「けやき材」 「ひのき材」 「杉材の無垢丸太材」 「床柱材」 だのと材料の種分けして、ストック材として立て掛けていました。 一本十数万円する材料も珍しくありませんでした。 
 
 まさに、材料整理といった作業でしたが、現在は、材料に関しては全く 「さびしい」 限りで、ストックする価値などほとんど無いというのが現実です。
 
 ですから、材料整理というより、余った半端材料の処分作業という方が正しいかもしれません。

 縮小画像 - 025
  仕事納めの今日、材料置き場の整理をしました。
  というより、ストックしても仕方のない材料を処分しました。

 縮小画像 - 026
  結局のところ、いつもの中間処理場に搬入することになりました。

 縮小画像 - 028
  解体材廃材と違い、ストック材の持ち込みは、材料に強度がり、傷み具合も少なく
  リサイクルしやすいため、処分費も安く済みます。

 縮小画像 - 022
  御近所様の松飾りをさせて頂きました。 写真後姿は大工の粕谷さん。 
  同右側の老人は、82歳の父です。

 縮小画像 - 020
  私 「来年は喪中になんねえだろうなあ」
  父 「バカ野郎 相手を見て物を言えよ。 処分する安い材料使ってんじゃねえよ!」
  私 「単価がねえから仕方ねえだろうがよう!」
   
    今年もいつもの 職人の父と、設計士の長男 の会話で締めくくりました。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

現場での 「施工詳細図」 の立場を考える -2                      「エコな建築を目指す」

 当社の自社設計による工事にしても、設計事務所様の設計による工事にしても、必ず現場での図面との不具合が発生するものです。
 建築図面という二次元の表現しかできない情報源から、三次元のものを造作するわけですから、当然の事ともいえます。
 
 そんな訳で、先日の施工詳細図での現場打ち合わせの続編です。
 今回の 「江戸川区NS邸新地区工事」 にて3階の階段室と廊下の仕切り枠として造作する、扉枠部分の納まり寸法がどうもしっくりいきません。 
 
施工詳細図にて大工さんといろいろ検討してみましたが、結局は図面と現場合わせで枠材を納めることにしました。 
 珍しく、私の描いた 「施工詳細図」 が基本となり、大工さんの考えが加味されて現場が進むことができました。  やれ一安心です。
 先日の施工詳細図での現場打ち合わせは、こちら 「施工詳細図の立場を考える」 をクリックして下さい。

 縮小画像 - 067
  3階階段室から、廊下へ進む部分の2本片引き戸枠が入ります。
  階段段板の上がり框部分が敷居枠になります。

 縮小画像 - 069
  2本片引き戸の左側縦枠と、洋室入口の縦枠が重なります。 ここの位置寸法は結局
  施工詳細図を参考に、現場当たり、実寸検討としました。

 縮小画像 - 068
  洋室側の1本片引き側から見たところです。

 縮小画像 - 025
  現場で散々検討した、施工詳細図です。 何とかこの方針で納まりました。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「松飾り、門松」 の飾り付けです         「エコな日々をめざす」

 いよいよ年の瀬です。 
 年の瀬の恒例行事として、私が高校生の頃の30年以上前は、今年お世話になったお得意様に、小さめな門松を進呈していたことを覚えています。
 
 また、比較的大きなものも、いくつか注文を頂いておりました。 
 今では門松を飾る習慣は、一般住宅ではほとんどなくなり、和風料理店、政治家先生宅で飾って頂けるぐらいになってしまいました。 
 
 時代の流れといえばそれまですが、玄関先に飾るものとして、「門松、松飾り」 から 「クリスマスの電飾」 になってしまったようです。
 電気を使わない分、「門松、松飾り」 の方がエコと勝手に思っています。

 てな訳で、一応工務店を営む以上、「門松、松飾り」 ぐらいは飾らないと始まらないという、意味不明な習慣で、小さめではありますが、今年も飾ることにしました。
 
 何が始まらないのかわかりませんが、飾ってみればそれなりに年の瀬、正月の雰囲気は出るものです。
 ひとまず、竹材屋さんに、門松を仕入れに行きました。

 縮小画像 - 001
  隅田区は業平手前にある、竹材商店の「竹春」さんです。

 縮小画像 - 003
  店先には、季節がらきれいな、松飾りがあります。 これらは一般小売り用です。

 縮小画像 - 006
  大形の門松は、こちらの竹材置場にありますが、残念ながら写真は NG でした。

 縮小画像 - 007
  同じく竹材置場です。 小奥が作業場です。

 縮小画像 - 008
  若奥さんが、正月の飾り物の造作をしています。

 縮小画像 - 010
  一応仕入れた、小形の門松です。 一組は当方、もう一組は、両親宅用です

 縮小画像 - 012
  小さいながらも飾ってみれば、正月らしく、ありがたいものです。

 縮小画像 - 014
  玄関全景です。 写真の手前側にはクリスマスの飾り付けをしました。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

産業廃棄物 処分場にて -9     「エコな建築をめざす」

 現在、現場を進めております、「江戸川区 NS邸 新築工事」 及び 「六本木 T邸ビル 改修工事」 におきまして、現場発生残材 (いわいる各材料の余り、段ボール梱包材 等々) の処分に、いつもの中間処理場に 1,5t トラックにて伺いました。

 特に 「江戸川区 NS邸 新築工事」 では大工下地作業の真最中のため、木材下地材、石膏ボード材、ベニヤ合板材等の余り残材が、かなりの量になっておりました。
 年末、年始にかけて、現場がお休みとなるため、どこの現場でも、整理整頓、安全保全も兼ねて、残材は処分する傾向にあります。

 私が大学生の頃 (30年近く前) までは、東京湾埋め立て処分場として、(今のお台場フジテレビ本社あたり) にてまさに埋め立て処分をしていましたが、現在はリサイクルを前提とした、中間処理場となっています。
 
 この施設では、我々建築業者が搬入した産業廃棄物 (現場残材類) を約10種類程に (金属類、木材類、ガラス類、プラスチック類、発砲ポリエチレン類、石膏類) 分類して、平積み状態でストックします。
 そして、ある程度の量が貯まると、大型トレーラーにて関東地方に限らず、東北地方、北陸地方にあるリサイクル工場に運搬されます。
 このため中間処理場は、埋め立て、焼却処分を前提とした、東京湾岸あたりから、ストック場の面積と東北、上越方面へのアクセスを考慮して、埼玉県の内陸に移っています。

 私がいつも搬入している中間処理場も、埼玉県越谷市 (外環高速道路入口近く) にあります。
 浅草からは、片道25㎞以上の距離ですが、エコのために頑張っています。

 縮小画像 - 075
  NS邸 新築工事 現場前にある 残材の山です。 
  これからトラックに袋のまま積み込みます。 以外に量はありそうです。

 縮小画像 - 076
  1,5t トラックに積み込みを終えました。 まさに盛り切りいっぱいです。
  これから、中間処理場に持ち込みます。

 縮小画像 - 084
  埼玉県 越谷市にある 中間処理場 です。 大型ユンボーで荷台から
  崩すように降ろします。

 縮小画像 - 086
  隣にも同業者が来ています。 年末なためか盛況です。

 縮小画像 - 087
  私が搬入した産業廃棄物 残材です。
  これから袋を破いて 「種分け作業」 が始まります。 後はストックヤードです。

 縮小画像 - 089
  中間処理場 全景です。 年末は30日までフル操業だそうです。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

高田工務店

Author:高田工務店
台東区は浅草の下町で、建設業の工務店を経営しています。
私で3代目となります。建設不況といわれていますが、世間様の荒波に負けることなく、日々楽しみながら頑張っております。
建設現場の楽しいことなど、いろいろとお知らせします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
記事のカテゴリ
気軽におこしください
エコな日々、エコな建築をめざす
 「エコロジー」という言葉が使われて久しいですが、本業の建設業に「エコ」を求めるには、まず初めに自分自身が「エコロジスト」であることが重要と考えています。   移動はなるべく自転車を基本として、生活全般に「エコロジー」を取り入れるべく努力しております。
RSSリンクの表示
ご意見、ご感想を願いします
建築現場の事に限らず、自転車、マラソンと体を鍛える事が好きな方は、どうぞお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。