FC2ブログ

「現場を仕切る 猫様へ  現場監督より -1」                                             「これだから建築はやめられない」                                         「エコな日々を目指す」

 ここ何日かは、夏の暑さも少しは和らいでいる感じです。 やはり気温が 31℃ の場合と、体温に近い 36℃ あたりでは、体感的に雲泥の差のようです。
 
 今日は、ちょこっと、朝の現場での思わぬハプニングについてお話します。
 早朝に、現場シートを開けてみて、アベックが寝てて、思わず驚くようなハプニングから、現金の入ったバックが置いてあって、警察に連絡したハプニングまで、笑える事から、真剣に悩む事まで、いろいろあるものです。
 
 また基礎工事中に、江戸時代あたりの墓石が出てきて、役所へ連絡したこともあります。 まさにいろんなことがありますが、むしろ建築現場という、どちらかと言えば、非日常な空間は、ハプニングだらけかもしれません。

 そんな訳で、今日は思わず関心してしまうようなハプニングがありました。
 現在、工事を進めております現場の施主様が、可愛がっている野良猫が数匹います。 現在の仮住まいアパートで飼う訳にもいかず、仕方なく野良猫状態になっています。

 基礎工事、鉄骨骨組み工事、コンクリートパネル工事と進み、だんだんと家の形になって来ている現在、「ここにぼくが住むんだよ」 と主張するかのような、糞や、おしっこの 「縄張り、臭い付け」 が始まりました。

 そんなこんなで、猫との格闘が続いていましたが、とうとう彼ら、彼女らが、最終手段とも言うべき主張をしました。 ネズミを取って、現場の入口に置いてありました。
 「ここまでやるか!」 というか 「なかなかやるじゃん」 の感想です。
 どうぞ新築完成の折には、堂々とお住まいください。 私から、施主様に話しときます。 
  猫さまへ 現場監督より

 縮小画像 - 008
  いつも朝方、現場前にいて、我々を出迎えてくれる 猫様です。
  自分の縄張りを主張しているような目付きで、にらまれても困ります。

 縮小画像 - 011
  現場に取ったネズミを置いておくとは、なかなかやるじゃん。 
  自分の縄張りの主張か、はたまた存在主張か、参りました。
  この住宅にどうぞお住まい下さい。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

「江戸川区 NS邸 新築工事 アフターメンテナンス工事です ー2」                                             「こんな時こそ、経済活動を頑張りたい」                                              「えこな建築をめざす」

 真夏の快晴が続きます。 
 関東地方北部や中部地方は、激しい通り雨や、集中豪雨に見舞われているようですが、東京の下町は有難く快晴が続きます。 
 気温も何とか許容範囲の 31℃ 止まりなため、現場作業も進んでおります。

 そんな訳で、今年の4月下旬に竣工しました、鉄骨構造 3階建ての専用住宅 「江戸川区 NS邸」 のアフターメンテナンス 補修作業の現場報告です。

 3階 子供部屋の南側大窓に面した木枠材の表面に、少々の異常が見られました。 原因は、仕上げ塗装不良、木枠の反り、暴れ 等々複合的な要因と考えられます。
 
 補修方法として、表面の塗装を落として、4㎜ の厚さに薄くすいた栂材を表面に貼ることにしました。 意外と手間のかかる方法ですが、直射日光による多少の枠材の暴れや、反りには充分に耐えられる工法です。

 縮小画像 -  046
  江戸川区 NS邸 外観です。 3階部分の子供部屋の大窓の木枠に、
  少々の異常が見られました。 

 縮小画像 - 059
  異常が見られた 3階の窓枠部分に貼りつける 厚さ 4㎜ に薄く
  工場加工した栂材です。 長さは現場にて調整します。

 縮小画像 - 061
  寸法を既存枠に合わせてから 表面に接着剤 G17系 を塗りつけます。

 縮小画像 - 058
  同様にこれから貼りつける窓枠材にも 接着材を塗りつけます。

 縮小画像 - 055
  接着剤をよく乾かしてから、慎重に貼りつけます。

 縮小画像 - 063
  余った部分、角部分 等の栂材を切断して調整します。 
  いわいる、突き板練付け工法による補修作業です。
  元々は、二等材の表面に、薄く加工した 「桧材」 等を貼りつけて、高級に見せる工法です。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「台東区 狭小住宅 SZ邸 新築工事ー37 ALCパネル 仕上げ作業」                                            「こんな時こそ、経済活動を頑張りたい」                                             「エコな建築をめざす」

 30℃を超える暑さではありますが、夏場の快晴が続き、有難いことです。 
 何より現場作業は天候が良くてなんぼの感覚です。 こればかりは、ハイテクが進んでも、不変の定理 のようなものです。

 8月は、「お盆休み」 もあることですから、今のうちに、進めるだけ進めておきたいものです。
 「お盆休み」 も計画を練っている時が、楽しい時で、実際休みになっても、なんだかんだと打合せ仕事が発生するものです。 まあこれはこれで、楽しいことですし、経営者の常かも知れない。

 そんな訳で、順調に進んでおります 地元台東区 狭小住宅 SZ邸 の現場報告です。
 昨日をもちまして、軽量気泡コンクリート ALC版パネル の貼り込み作業が終了しました。 引き続いてパネルのつなぎ目、横目地、縦目地 部分のシーリング作業です。

 パネルのつなぎ目は、凹凸のへこみがそれぞれにあるため、一応これである程度の防水対策になりますが、長い年月の耐久性を考慮して、シーリング材を目地部分に充填していきます。

 縮小画像 - 110
  ALCパネルの 「つなぎ目部分」、「目地部分」 にコーキングガンにて
  ウレタン材を充填していきます。 

 縮小画像 - 112
  専用ヘラにて余った部分をそり落して行きます。 同時にウレタン材をパネル内部まで
  浸透させます。
  

 縮小画像 - 114
  地味な作業ですが、防水対策としては重要です。 真剣な作業の職人さんです。

 縮小画像 - 115
  現場にて合成した 2液混合タイプの ウレタン材です。

 縮小画像 - 117
  解体分離して、残った長屋住宅の隣地側です。 建物間の間隔クリアランスは
  実測で 7㎝ 程度しかありません。 建築可能 限界です。

 縮小画像 - 121
  同じく3階 南側からの 長屋側 隣地境界廻り 全景です。

 縮小画像 - 120
  道路側 斜線制限による 外壁セットバック廻りです。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「産業廃棄物 処分場へ行きました -17」                                              「こんな時こそ、経済活動を頑張りたい」                                              「エコな建築をめざす」

 台風6号による影響もすっかりなくなり、今週からは真夏の暑さに戻るとの気象情報でしたが、最高気温で31℃前後と、以外と上がらなかったようです。

 台風6号が来る前の 36℃前後の気温と比べると、たかが5℃位ですが、体に受けるダメージ、疲労感は半分以下に感じます。 作業をして汗をかく気温と、何もしなくても汗をかく気温とでは、雲泥の差があるように感じます。

 そんな訳で、仕事もそれなりにはかどり、有難いことです。 
 夕方には雷雨があるとの気象情報ですが、現在の現場の廃材、残材等の処分に、いつもの 「産業廃棄物 中間処理場」 へ向かいました。

 建築廃材、残材等を埋め立て処分していた、20年程前には現在の 「お台場 フジテレビ」 あたりに処理場がありましたが、現在はそのほとんどが、埼玉県の内陸に移動しております。
 
 中間処理場では、建築廃材、残材を 「金属類、プラスチック類、石膏類、コンクリート類、木材類、ガラス類 等々」 に大まかに種別してストックします。
 そして、一定量が貯まると、大型トレーラーにて地方のリサイクル工場、原材料工場 へと運搬されます。 そのため、中間処理場は、敷地が広く、高速道路インターに近い、埼玉県あたりに多くある訳です。

 縮小画像 - 044
  埼玉県、越谷市にある 産業廃棄物 中間処理場 です。
  敷地が広く、高速インター 近くの立地にあります。

 縮小画像 - 038
  今回の残材は、鉄材 (根切り基礎工事 土留めパイプ) 、コンクリート材
  が主です。

 縮小画像 - 040
  少量のコンパネ系木材を トラック右側から落とて ストックします。

 縮小画像 - 041
  鉄材、パイプ系は トラック左側から落として ストックします。

 縮小画像 - 042
  当方の残材を係員が、さらに細かく種分けしています。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「台東区 狭小住宅 SZ邸 新築工事ー36 ALCパネル 貼込み作業」                                                   「こんな時こそ、経済活動を頑張りたい」                                    「エコな建築をめざす」 

 暑さに慣れたせいか、気温31℃はあるものの、日かげでは涼しくさえ感じる気温です。
 真夏の割には、体が素直に動いてくれます。 おかげ様で、現場も順調に進んでおります。

 そんな訳で、地元台東区にて新築工事を進めております、鉄骨構造 3階建てによります 「狭小住宅 SZ邸」 の現場報告です。
 台風6号により、2日程現場作業を中止しましたが、その後の涼しい気温のおかげで、作業も順調に進み、軽量気泡コンクリート ALC版パネル 貼り込み作業は、本日にて終了予定です。

 今日は、3階 セットバック部分のパネル貼り込み作業です。 バルコニー部分、斜め三角部分のALC版パネルを工場での原寸加工はとても不可能なため、現場にての組込みながらのカット作業となります。

 作業終盤に差し掛かった時点での、重要な作業です。
 また本日、先日受けました 台東区役所 中間検査 の合格証を頂きました。 感謝、感謝!

 縮小画像 - 094
  3階 バルコニー セットバック部分廻りの ALCパネル貼り込み作業です。 

 縮小画像 - 100
  バルコニー右側、切り離した長屋側です。 
  斜めの柱に合わせて、ALC版パネルを現場合わせで、貼り込んでいきます。

 縮小画像 - 101
  同じく、バルコニー左側の取付状況です。
  パネルは、柱勾配に合わせて、斜めに現場合わせで切り込みます。

 縮小画像 - 106
  屋上パラペット廻りの、ALCパネル 貼り付け状況です。

 縮小画像 - 109b
  有難く 「台東区 中間検査 合格証」 が発行されました。 

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

高田工務店

Author:高田工務店
台東区は浅草の下町で、建設業の工務店を経営しています。
私で3代目となります。建設不況といわれていますが、世間様の荒波に負けることなく、日々楽しみながら頑張っております。
建設現場の楽しいことなど、いろいろとお知らせします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
記事のカテゴリ
気軽におこしください
エコな日々、エコな建築をめざす
 「エコロジー」という言葉が使われて久しいですが、本業の建設業に「エコ」を求めるには、まず初めに自分自身が「エコロジスト」であることが重要と考えています。   移動はなるべく自転車を基本として、生活全般に「エコロジー」を取り入れるべく努力しております。
RSSリンクの表示
ご意見、ご感想を願いします
建築現場の事に限らず、自転車、マラソンと体を鍛える事が好きな方は、どうぞお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード