FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「浅草 NKN邸ビル 新築工事ー90 モルタルこて押え 左官作業です」

 いよいよ7月も今日で終わりです。 
 浅草隅田川の花火大会が寸前で中止になるなど、天候が落ち着かない月末です。 さらに九州、中国地方で猛威を振るった台風ですが、8月になっても充分な注意が必要なようです。

 そんなわけで、一応のところ天候には影響されない程度に工事が進んでいる NKN邸ビル 新築工事 に関する現場報告をさせて頂きます。

 今月中旬より、多業種の方々が作業にかかっています。 現在は 左官屋さん、エレベーター屋さん、電気屋さん、内装軽量鉄間仕切り屋さん 等々です。

 そんな中で、今回は 「左官屋さん」 の作業を報告させて頂きます。
 鉄骨構造の建物を建てる上で、意外と出番が多く、その割には目立たない職種が左官屋さんです。 つまり建物の仕上げをする上で、その下地作りが主な作業だからです。

 タイルを貼る下地作り、塗装ペンキを塗る下地作り、サッシを取り付けた隙間埋め作業、鉄骨柱を耐火保護する下地作り 等々です。
 
 つまり、仕上げ作業をすると、隠れてしまう部分の作業が主な仕事です。 
 逆に言えば、左官屋さんがしっかり作業をしてもらわないと、きれいな仕上げ作業にならないという 大切なパートを担っている職種の方々です。

  縮小画像 - 004
  今回は 左官屋さん の作業報告です。 1階に小型のモルタル練り機を置いて
  のモルタルこて押え、モルタル詰め押え 等々の下地作り作業が主です。

  縮小画像 - 009
  アルミサッシと外壁ALC版アングルの溶接固定部分に モルタルを詰めて
  いきます。 防水対策、耐火対策 として重要な作業です。

  縮小画像 - 011
  同じくスチールドアと外壁ALC版アングルの溶接固定部分に モルタルを
  詰めていく作業です。 地味ですが大切な工程です。

  縮小画像 - 016
  同様に アルミサッシ廻りの モルタル埋め作業です。
  全体で約30ヶ所程あります。

  縮小画像 - 018
  同様に スチールドア廻りの モルタル埋め作業です。
  全体で12ヶ所程あります。

  縮小画像 - 089
  バルコニー廻り 内側壁のモルタルこて押え作業です。
  塗装のための下地作業です。 塗装をすると隠れてしまいます。

  縮小画像 - 059
  同様のモルタルこて押え作業です。

  縮小画像 - 019
  ALC版 間仕切り壁の表面のモルタルこて押え部分です。
  建築基準法により 15㎜ の塗り厚さが必要です。
  仕上げをすると隠れてしまいます。

  縮小画像 - 087
  道路側 柱部分の 耐火保護のために モルタルをこて押えしました。
  この部分も塗装をすることで隠れてしまいます。

 
スポンサーサイト

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「浅草 NKN邸ビル 新築工事ー89 給排水、給湯、ガス等 配管作業です」

 昨夜から、明け方未明にかけて雨が降りましたが、猛暑はしのまま続くようです。
 さらに、台風の発生も気になりますが、ともかく気象情報には注意することにします。

 それでは、地元浅草にて工事を進めております NKN邸ビル 新築工事 に関する現場報告をさせて頂きます。   おかげ様で、防水工事、耐火被覆工事、アルミサッシ取付工事 等々 無事に終了しています。 

 今後の作業段取りとしては、各作業工程が並行して進められるようになります。  ひとつ工程だけの日はむしろ少なくなり、常に2~3種類の工事が並行して進むことと思います。

 したがって、一つの作業工程にしぼったテーマでは、報告出来きなくなることと思います。 
 今回は、給水配管、排水配管、給湯配管、ガス配管 に関しての作業報告です。

  縮小画像 - 133
  3階 奥側の貸室のパイプスペース廻りの排水管 配管作業です。
  耐火被覆二層 排水管にての配管作業です。

  縮小画像 - 135
  5階 道路側の貸室の排水管、通気管 配管状況です。

  縮小画像 - 136
  同じく 5階 道路側の貸室 便所廻りの排水管、通気管状況です。
  通気管は トミジ式配管です。

  縮小画像 - 138
  4階 下水管 天井裏配管状況です。

  縮小画像 - 145
  エレベーター 通路です。

  縮小画像 - 161
  5階 道路側の貸室 バルコニーわきのガス配管作業状況です。
  表側にガス給湯器が付きます。

  縮小画像 - 163
  5階 道路側 貸室 排水配管、通気配管状況です。
  通気配管はそのまま外気につながります。

  縮小画像 - 165
  3階 奥側の貸室 電気配管作業状況です。

  縮小画像 - 167
  同じく 3階 奥側の貸室 バルコニー廻り配管状況です。

  縮小画像 - 171
  4階 中側の貸室の 給水、排水配管状況です。
  排水管は上下階につながります。

  縮小画像 - 176
  同じく3階 中側の貸室の 排水管、給水管 配管状況です。

  縮小画像 - 178
  猛暑の中、1階で鉄管をネジ切り加工する 水道屋さんです。

  縮小画像 - 180
  エレベーター通路を上から眺めます。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「浅草 NKN邸ビル 新築工事-88 アルミサッシ搬入、取付作業です」

 梅雨明け 10日 とは誰が言い出したかわかりませんが、確かに快晴が続きます。  
 防水工事から、耐火被覆工事 へと順調に進んでおります。   そのうち、台風が上陸して作業が遅れる時期もあると思いますが、今のうちにせっせと工程を進めていきます。

 そんなわけで、浅草にて工事を進めております 「NKN邸ビル 新築工事」 に関する現場報告をさせて頂きます。   今週中過ぎの搬入予定だった アルミサッシの搬入時期が、急きょ本日 月曜日になりました。

 梱包材、残材だらけだった 1階玄関ホール廻りを、土曜日に急いで整理したわけですが、やはり整理整頓して正解でした。 同型のサッシでもオプション部品で、細かく品番が違うため、仮置きスペースが予想以上に広く必要でした。

 現場作業の鉄則で、思い立ったら実行せよ のたとえ通りに土曜日に整理しておいてひと安心です。  品番チェックは、私とサッシ屋さんとで入念に行いました。 おかげ様でミスパーツはありませんでした。

  縮小画像 - 157
  有り難く快晴が続きます。 少々納入時期が早まりましたが、
  アルミサッシが搬入されました。

  縮小画像 - 158
  ともかく、1階の通路に仮置きして、品番を確認した上で、
  設置位置に荷揚げします。 ガラスは別搬入です。

  縮小画像 - 159
  5階 道路側 バルコニー窓の取付作業です。
  ALC版のコーナーアングルに溶接にて取り付けます。

  縮小画像 - 187
  3階~5階 中央のバルコニーに面した窓サッシの取付です。
  同様に、溶接作業です。

  縮小画像 - 172
  サッシの取付微調整は 独自の水平用、垂直用レベル レーザーで抑えます。

  縮小画像 - 185
  同様に中側 バルコニーに面したサッシの溶接取付作業です。   

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「産業廃棄物 中間処理場へ行って来ました-36 廃材に対する雑感付き」

 まさに夏本番の厳しい暑さの一日です。 
 このところ少々楽な気温が続いてはいましたが、やはり今年の夏は厳しいようです。  
 そんな暑さが続いても、当然のように 現場の残材、廃材は溜まるから腹が立ちます。 

 父の時代は (昭和40年代) 現場の廃材は、いったいどう処分していたんだろうと疑問に思います。   その頃の現場は、すべてが現場造作施工だったため、少量の木材の廃材しか出なかったらしいです。    冬は燃やして暖をとっていたようですし、父と近くの 銭湯 へ袋ごと持ち込んでいた記憶もあります。

 昭和 50年代になって、段ボールの梱包材に包まれた 新建材等々 が現場に流通するようになり、一気に残材、梱包材 が多くなったと思います。 
 その頃は今の一割程度の金額で 東京都の 「夢の島埋立地」 へ埋め立て処分に、父とトラックで搬入していた記憶もあります。  
 
 ファッション感あふれる お台場と、まさに東京オリンピック開催予定地あたりです。  ですからあの付近の地下は建築廃材、残材で成りたっていると思って間違いありません。 
 さらに、そのまま埋め立てたわけですから (熱処理、消毒処理などしていないと思う?)、高層、高級マンション等の住宅を建てることには 少々の疑問を感じます。

 まあ、ゴミに対する 「私の雑感」 を書いても仕方がないので、「中間処理場」 へ行った報告をすることにします。

 文京区 駒込のマンション改修現場の残材、廃材を処分したばかりですが、この浅草の現場に、月曜日にサッシが搬入される予定になったため、残材、廃材を 「中間処理場」 へ処分に行きました。

  縮小画像 - 148
  先日、駒込のマンション改修現場の解体廃材の処分をしたばかりですが、
  急きょ、月曜日にサッシが搬入されることになり、廃材、残材の処分です。

  縮小画像 - 150
  暑くても残材は溜まります。 約1時間かけて トラックへ積み込みました。

  縮小画像 - 008
  埼玉県越谷市 にあるいつもの産業廃棄物 中間処理場です。
  このコーナーで可燃材系を降ろしました。

  縮小画像 - 009
  ちょこっと場所を移動して、不燃材、鉄板系を降ろします。

  縮小画像 - 011
  さらに移動して、じゅうたん系を降ろしました。

  縮小画像 - 015
  荷台もすっきりしました。 写真奥の大型トラックは、まとまった残材を
  リサイクルのために遠くの原材料工場へ輸送するトラックと思います。

  縮小画像 - 019
  中間処理場の出入口です。 ISO 認定工場です。

  処分に費用が掛かり過ぎると思う昨今です。
  何とかならないかと思いますが、何ともならないなあ・・・・
  しかし暑いなあ・・・・・

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「浅草 NKN邸ビル 新築工事 -87 耐火被覆材 吹き付け作業です」

 幾分、暑さが和らいだ数日です。 猛暑に疲れ気味の体調には有り難いことです。 
 いよいよ夏休みが始まり、小学生の姿が目立つようになりました。  資材の搬入、搬出時にいつも以上の注意が必要な時期となりました。

 そんなわけで、地元の浅草にて工事を進めております、NKN邸ビル 新築工事 に関する現場報告をさせて頂きます。 防水工事も終了して、建物への雨の侵入は無くなりました。

 次の工程として、鉄骨骨組への耐火被覆材の吹き付け作業です。   
 鉄骨構造の場合、火災時の高温から鉄骨骨組を守るために、ロックウールとセメントを混ぜた 原材料 を鉄骨表面に吹き付ける必要があります。

 この建物の規模の場合、1時間耐火 という規制が適用されます。
 いわいる1時間のあいだ、火事による高温から鉄骨骨組の強度が落ちて、部材が曲がることが無いように 耐火被覆材で表面を覆って高温から守る必要があるわけです。

 また、耐火被覆材は雨に弱いため、防水工事が完了した後で無いと作業ができません。

  縮小画像 - 132
  地味な作業ですが、建物にとっては重要な作業である
  耐火被覆材 吹き付け作業です。  夏休みの中、資材の
  搬入にはいつも以上の注意が必要です。

  縮小画像 - 114
  吹き付け準備が出来たところで、作業を開始します。
  ロックウール材とモルタル材を微量の水を使い、
  混ぜ合わせてから 高圧で吹きつけます。

  縮小画像 - 122
  基材になる ロックウール繊維材です。 これにモルタル材を
  からめて、鉄骨骨組の表面に 吹き付けます。

  縮小画像 - 116
  5階から順番に 鉄骨骨組に吹きつけていきます。
  作業員は、マスクをして呼吸器系を守る必要があります。

  縮小画像 - 117
  開口部はビニールシートで覆い、外気に拡散することが
  ないように対策します。

  縮小画像 - 115
  耐火被覆の吹き付け後は、残材が飛び交い、視界がほとんど
  ありません。 フラッシュを使うと残材が乱反射します。

  縮小画像 - 119
  1階 避難通路廻りの 耐火被覆作業です。

  猛暑の中ですが、肌を出さないような作業服が必要です。
  お疲れ様です。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

高田工務店

Author:高田工務店
台東区は浅草の下町で、建設業の工務店を経営しています。
私で3代目となります。建設不況といわれていますが、世間様の荒波に負けることなく、日々楽しみながら頑張っております。
建設現場の楽しいことなど、いろいろとお知らせします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
記事のカテゴリ
気軽におこしください
エコな日々、エコな建築をめざす
 「エコロジー」という言葉が使われて久しいですが、本業の建設業に「エコ」を求めるには、まず初めに自分自身が「エコロジスト」であることが重要と考えています。   移動はなるべく自転車を基本として、生活全般に「エコロジー」を取り入れるべく努力しております。
RSSリンクの表示
ご意見、ご感想を願いします
建築現場の事に限らず、自転車、マラソンと体を鍛える事が好きな方は、どうぞお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。