スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「浅草 NKN邸ビル 新築工事 -92 エレベーター取付作業です」

 現場での休憩時間は、一般的に 午前10時半頃、午後3時頃 と昔から決まっています。 
 私が小学生の頃から、父の現場でも、この休憩時間があったことを覚えています。  現場作業である故の体を休める必要があるからだと考えます。

 また、父う曰く、作業の手を休めることで、自分の間違いに気づくことがあるそうです。  さらに、この後の作業の順序立てを考える時間としても大切だそうです。 

 それが、この夏の休息時間といえば、あまりの暑さで、午前は 9時半頃、11時頃、午後は 2時半頃、4時頃 の計4回取るありさまです。 そのつど水分を取ります。 現場のペットボトル用のごみ箱がすぐに満杯になる勢いです。

 そんなわけで、猛暑の中、地元浅草 にて工事を進めております NKN邸ビル 新築工事 に関する現場報告をさせて頂きます。

 多業種に及ぶ職方さんが並行して作業を進めていますが、今回は エレベーター取付に関する 作業報告をさせて頂きます。  
 まずは、エレベーター取付にあたり、メーカーの技術者が事前に 昇降路の空間寸法、ガイドレールの取付位置の寸法、出入口の有効寸法 等々の入念な現場寸法チェックを行います。
 寸法に不足部分があれば、スムーズなエレベーターの動きが出来ないわけですから、是正しなければなりません。

 細かいチェックを経て、満を持しての取付作業の開始となります。
 先月中頃より、2t トラック 2台分 のエレベーター用機器、部品材等々を搬入して、取付作業を順調に進めております。

  縮小画像 - 042
  いよいよ満を持しての エレベーター取付作業にかかります。 
  2t トラック2台 分の器材類、部品類の搬入作業です

  縮小画像 - 044
  ガイドレールなどの長いものは 入口通路に仮置きします。

  縮小画像 - 050
  まずは 1階 エレベーターピット(床底部分) にて取り付け位置の
  最終確認、寸法決定をします。 クリアランス寸法は 4㎝ 程度でした。

  縮小画像 - 053
  細かい寸法が決まったら、仮足場を組んで、ガイドレールを
  取り付けて行きます。

  縮小画像 - 075
  こちらも仮足場を組んで 5階 オーバーヘッド (天井裏部分) 廻りの 
  の機材位置決めです。 

  縮小画像 - 083
  エレベーター昇降路の天井部分に 器材を取付ます。

  縮小画像 - 094
  エレベーター昇降路 内部です。
  ガイドレールを正確に取り付けていきます。

  縮小画像 - 105
  1階 エレベーターピット 横側に昇降用のモーターを
  取付ます。 丸いデスクタイプのモーターです。 

  縮小画像 - 119
  ピット部分が幾分形になりました。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

「浅草 NKN邸ビル 新築工事 -91 軽量鉄骨間仕切り LGS作業です」

 まさに夏真っ盛りの8月になりました。 当然のごとく猛暑が続きます。 台風に注意しつつ、今月も体調に気を付けて、頑張りたいと思います。

 そんなわけで、地元浅草にて工事を進めております NKN邸ビル 新築工事 に関する現場報告をさせて頂きます。  先月中旬より、多業種の方々が作業にかかっております。 
 左官屋さん、エレベータ屋さん、電気屋さん、換気ダクト屋さん、内装軽量鉄骨 間仕切り屋さん 等々が作業を並行して進めています。

 その各業種の方々の中で、今回は、内装軽量鉄骨 間仕切り屋さん 通称 LGS内装下地屋さん の作業報告をさせて頂きます。  
 ある程度の規模の建物場合、特に耐火建築物としなければならない場合は、建物内部の間仕切りに使う材料に木材などの燃える材料(可燃物) が使えなくなります。

 一般的には、建物内部の間仕切り壁は、木材が主流ですが、5階以上のビルの場合、建物内部も燃えにくくするために、鉄系の燃えない材料 いわいるLGS材を使わなければなりません。

 この鉄系の間仕切り壁が、LGS材(ライト・ゲージ・スチール) と呼ばれる材料で、その材料を現場で組み立てる職方さんを LGS内装下地屋さん と呼んでいます。
  
 木材よりも強度は逆に落ちますが、燃えることはなく、作業もLGS材どうしがシステマチックに結合出来て迅速に進みます。

  縮小画像 - 025
  昨夜からの小雨も上がり、いよいよ内装間仕切り作業にかかります。
  LGS内装屋さんが、材料の搬入を行います。

  縮小画像 - 026
  搬入した LGS材料は、1階通路に仮置きします。
  材料は、全体量の半分程度ですが、かなりの量です。 

  縮小画像 - 034
  まずは 5階 から 間仕切り 内装下地作業にかかります。
  道路側 貸室です。

  縮小画像 - 038
  同じく 5階間仕切り、内装下地作業です。 天井仕切りからかかります。 
  写真中央の丸い管は 排水通気管です。 天井から外気に通じます。 

  縮小画像 - 055
  同じく 5階 奥側の貸室 バルコニー方向です。
  4m の長さのLGS材を 丸ノコカッターで切って使います。

  縮小画像 - 057
  同じく 5階 奥側の貸室 共用廊下方向です。

  縮小画像 - 080
  5階 道路側の貸室です。 間仕切り壁下地まで進みました。

  縮小画像 - 110
  同じく 5階 道路側の貸室です。

  縮小画像 - 115
  こちらは2階 店舗部分です。 天井ののみの LGS作業になります。

  縮小画像 - 117
  同様に 2階 店舗部分です。 大梁による下り天井があります。

  縮小画像 - 118
  同様に 2階 店舗部分です。 写真中央にあるのは排水管です。

  縮小画像 - 101
  同様に 2階 店舗部分です。 写真中央に、耐火被覆された
  大梁があります。 この部分もLGS材で覆います。

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

高田工務店

Author:高田工務店
台東区は浅草の下町で、建設業の工務店を経営しています。
私で3代目となります。建設不況といわれていますが、世間様の荒波に負けることなく、日々楽しみながら頑張っております。
建設現場の楽しいことなど、いろいろとお知らせします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
記事のカテゴリ
気軽におこしください
エコな日々、エコな建築をめざす
 「エコロジー」という言葉が使われて久しいですが、本業の建設業に「エコ」を求めるには、まず初めに自分自身が「エコロジスト」であることが重要と考えています。   移動はなるべく自転車を基本として、生活全般に「エコロジー」を取り入れるべく努力しております。
RSSリンクの表示
ご意見、ご感想を願いします
建築現場の事に限らず、自転車、マラソンと体を鍛える事が好きな方は、どうぞお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。