FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「浅草 NKN邸ビル 新築工事ー73 床コンクリート 打設作業です」

 沖縄方面は梅雨入りしたそうですが、関東地方は快晴が続きます。
 この快晴が続くうちに、せっせと現場作業を進めていたく思います。

 そんなわけで、地元浅草にて工事を進めております 「NKN邸ビル 新築工事」 に関する現場報告をさせて頂きます。  第2回 中間検査 も無事に終了しままして、晴れて次の工事工程に進めます。

 そこで、本日はお日柄もよく 鉄骨建て方作業工程と同様に重要な作業工程であります 床コンクリート 打設流し込み作業を行いました。

 建物は鉄骨構造 5階建てです。 床は金属製デッキを敷き込んで φ6㎜ 150角四方のメッシュ鉄筋を並べた状態で、第2回中間検査 を受けました。

 その金属製床デッキ上部に厚さ 15㎝~13㎝ でコンクリートを流し込みます。
 設計的には、金属製床デッキと 今回のコンクリートが相まって 合成床構造となり、充分な耐震強度が発揮されることになります。

 今回はポンプ圧送距離が 地上15m と長いため微量の流動化混和材を入れています。
 コンクリートの打設流し込み体積量は 計算上では 48m3 実際には 51m3 でした。

  縮小画像 - 016
  本日はお日柄もよく 床コンクリートの打設流し込み作業です。
  地上15m の高さまで届く 中型ポンプ圧送車 を横付けしての作業です。

  縮小画像 - 032
  開始時刻 9時に コンクリートミキサー車 が到着しました。

  縮小画像 - 028
  まずは、コンクリート・強度試験用のサンプル材を採取します。
  簡易検査の上、設計計画通りのデーターが取れました。
  コンクリート打設流し込み作業 の開始の指示をします。

  縮小画像 - 020
  屋上階 での作業状況です。  まずはホースから空気が出ます。 
  ひと呼吸おいて、生コンクリートが圧送されて作業が始まります。
  作業員は コンクリートの品質管理のために 7人態勢です!

  縮小画像 - 024
  同じく 屋上階 コンクリート打設作業風景です。
  
  縮小画像 - 036
  金属製床デッキ、φ6㎜ 150角四方 メッシュ鉄筋 にコンクリートを
  流し込んでいきます。

  縮小画像 - 048
  5階 でのコンクリート流し込み作業です。
  コンクリート流し込み作業係が写真奥、同平面ならし作業係が写真手前です。

  縮小画像 - 058
  コンクリート流し込み作業係が前方で作業をしている間、平面ならし作業係は、
  後方でちょこっと待機です。

  縮小画像 - 065
  今度は、コンクリート平面ならし作業係が作業をします。

  縮小画像 - 074
  同じく 4階 コンクリート打設流し込み作業です。

  縮小画像 - 077
  段取り良く 4階が終了しました。
  ともかく、コンクリートの品質を落とさないために、手際良さが大切です。

  縮小画像 - 094
  続いて、3階 コンクリート打設、流し込みです。
  コンクリート平面ならし作業係が手際よく進めています。

  縮小画像 - 119
  同じく 3階 コンクリート打設 流し込み作業です。
  コンクリート平面ならし作業係が前方、同流し込み作業係が後方です。

  縮小画像 - 128
  2階 エレベータホール床の コンクリート流し込み作業です。
  あとひと息です。 時間は2時過ぎです。  コンクリートの品質を
  落とさないために、昼食は取りません。 通しの作業です。

  縮小画像 - 133
  無事に作業が終了しました。 
  ポンプ圧送車の中に残ったコンクリートは、ミキサー車に流し込みます。

  お疲れさまでした。 ちょうど3時です。 ゆっくりと昼食を楽しみます。
  私はてんで 親分肌 ではありませんが、作業員7人分の昼食をご馳走する
  はめになりました!!!!
スポンサーサイト

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田工務店

Author:高田工務店
台東区は浅草の下町で、建設業の工務店を経営しています。
私で3代目となります。建設不況といわれていますが、世間様の荒波に負けることなく、日々楽しみながら頑張っております。
建設現場の楽しいことなど、いろいろとお知らせします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
記事のカテゴリ
気軽におこしください
エコな日々、エコな建築をめざす
 「エコロジー」という言葉が使われて久しいですが、本業の建設業に「エコ」を求めるには、まず初めに自分自身が「エコロジスト」であることが重要と考えています。   移動はなるべく自転車を基本として、生活全般に「エコロジー」を取り入れるべく努力しております。
RSSリンクの表示
ご意見、ご感想を願いします
建築現場の事に限らず、自転車、マラソンと体を鍛える事が好きな方は、どうぞお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。