FC2ブログ

「江東区 扇橋 シェア―・ハウス を計画するー5 工事着工です」

 残暑もそろそろ納まると思いきや、相変わらずの暑さですが、湿度は低そうでな感じです。
 汗は流れますが、日陰側は穏やかなので、それ程の体力の消耗はありません。

 そんな訳で、先日、工事着工前の大切な仕事である 「近隣の方々への工事説明」 を無事に終えた 扇橋 シェア―・ハウス に関する報告をさせて頂きます。

 お気づきの皆様もいらっしゃることと思いますが、タイトルが 「ゲスト・ハウス」 から 「シェア―・ハウス」 にそれとなく、気付かないように替えています。
 多方面からの御意見を頂き、さらに江東区役所の見解として建築基準法的には 「寄宿舎、下宿」 となるため 前述のように 「シェア―・ハウス」 てな感じに替えさせて頂きました。

 さて、いよいよ工事着工です。
 どんな規模の工事であっても 工事初日は緊張するものです。 近隣の方々へは説明してはいますが、実際に作業が始まると、予想外の振動、騒音が発生するわけですから、苦情が出ることもあります。

 近隣の皆様の御協力を頂き、建物の基礎ベースの下を通る給水管、排水管の配管作業を無事に行いました。 
 搬入に苦労した小型のユンボー・シャベル重機が予想以上の働きをして、段取り良く作業を終えることができました。

 工事初日がうまくいくと、良い流れをつかむことが出来ます。 感謝、感謝です。

  縮小画像 - 035
  いよいよ工事着工です。 規模の大小にかかわらず、初日は緊張します。
  敷地が 私道の奥にあるため、敷地前まで重機を搬入することができません。
  2t ダンプに乗せて搬入した重機ですが、手前で降ろして自走させます。

  縮小画像 - 038
  私道の角まで重機を自走させて来ました。 敷地はさらに写真の奥側です。
  路面を傷付けないように、ベニヤ合板を敷き込みます。

  縮小画像 - 042
  重機の搬入には苦労しましたが、作業が始まれば重機の本領発揮で、
  段取り良く進みます。

  縮小画像 - 043
  べた基礎工法を取るため、コンクリート基礎の下を下水管、給水管を通します。

  縮小画像 - 045
  敷地の奥側から配管作業を始めて、私道側に進みます。
  地盤面から突き出ている 管は配管を終えた 塩化ビニール管 の先端です。
  コンクリート基礎の上端部に出て、ここから建物の配管へと続きます。

  縮小画像 - 033
  配管作業を終えて、搬出残土を 2t トラックで搬出します。
  道路幅は一応 4m ですが 私道のためトラックが通行可能な範囲は 
  巾1.8m しかありません。

  縮小画像 - 144
  敷地現況案内図です。 20m 巾の清洲橋通りから 4m の私道を経て
  敷地につながります。  部分が私道の範囲です。

  ともかく、工事初日が無事に終えられて、感謝、感謝です。 
スポンサーサイト



テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田工務店

Author:高田工務店
台東区は浅草の下町で、建設業の工務店を経営しています。
私で3代目となります。建設不況といわれていますが、世間様の荒波に負けることなく、日々楽しみながら頑張っております。
建設現場の楽しいことなど、いろいろとお知らせします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
記事のカテゴリ
気軽におこしください
エコな日々、エコな建築をめざす
 「エコロジー」という言葉が使われて久しいですが、本業の建設業に「エコ」を求めるには、まず初めに自分自身が「エコロジスト」であることが重要と考えています。   移動はなるべく自転車を基本として、生活全般に「エコロジー」を取り入れるべく努力しております。
RSSリンクの表示
ご意見、ご感想を願いします
建築現場の事に限らず、自転車、マラソンと体を鍛える事が好きな方は、どうぞお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード