FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現場での 「施工詳細図」 の立場を考える -2                      「エコな建築を目指す」

 当社の自社設計による工事にしても、設計事務所様の設計による工事にしても、必ず現場での図面との不具合が発生するものです。
 建築図面という二次元の表現しかできない情報源から、三次元のものを造作するわけですから、当然の事ともいえます。
 
 そんな訳で、先日の施工詳細図での現場打ち合わせの続編です。
 今回の 「江戸川区NS邸新地区工事」 にて3階の階段室と廊下の仕切り枠として造作する、扉枠部分の納まり寸法がどうもしっくりいきません。 
 
施工詳細図にて大工さんといろいろ検討してみましたが、結局は図面と現場合わせで枠材を納めることにしました。 
 珍しく、私の描いた 「施工詳細図」 が基本となり、大工さんの考えが加味されて現場が進むことができました。  やれ一安心です。
 先日の施工詳細図での現場打ち合わせは、こちら 「施工詳細図の立場を考える」 をクリックして下さい。

 縮小画像 - 067
  3階階段室から、廊下へ進む部分の2本片引き戸枠が入ります。
  階段段板の上がり框部分が敷居枠になります。

 縮小画像 - 069
  2本片引き戸の左側縦枠と、洋室入口の縦枠が重なります。 ここの位置寸法は結局
  施工詳細図を参考に、現場当たり、実寸検討としました。

 縮小画像 - 068
  洋室側の1本片引き側から見たところです。

 縮小画像 - 025
  現場で散々検討した、施工詳細図です。 何とかこの方針で納まりました。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田工務店

Author:高田工務店
台東区は浅草の下町で、建設業の工務店を経営しています。
私で3代目となります。建設不況といわれていますが、世間様の荒波に負けることなく、日々楽しみながら頑張っております。
建設現場の楽しいことなど、いろいろとお知らせします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
記事のカテゴリ
気軽におこしください
エコな日々、エコな建築をめざす
 「エコロジー」という言葉が使われて久しいですが、本業の建設業に「エコ」を求めるには、まず初めに自分自身が「エコロジスト」であることが重要と考えています。   移動はなるべく自転車を基本として、生活全般に「エコロジー」を取り入れるべく努力しております。
RSSリンクの表示
ご意見、ご感想を願いします
建築現場の事に限らず、自転車、マラソンと体を鍛える事が好きな方は、どうぞお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。