FC2ブログ

「台東区 狭小住宅 SZ邸 新築工事 -51 床組の考察です」                                           「こんな時こそ、経済活動を頑張りたい」                                           「エコな建築をめざす」

 太平洋上に珍しく二つの台風 11号、12号が発生しました。 相変わらずの蒸し暑い天気は変わりませんが、これからが台風の季節であることを再確認しました。

 現場の方は、外壁関係の作業が少々不安になりますが、こればかりは仕方がないことです。 東北大震災にて被災された方々の台風対策が心配です。 
 台風が東北方面を外れる事をお祈りしておりますが、どうか無理をせず対応して頂くことを、重ねてお祈り申し上げます。

 一応安全に、過ごすことができそうな自分は、被災された方々の分まで、経済活動を頑張りたいと思います。
 そんな訳で、現在工事を進めております、「台東区 狭小住宅 SZ邸」 に関する現場報告です。  今回は、現在計画を進めている、「中野区 IWH邸ビル」 にても検討した、床組工法について、ちょこっと考察してみたいと思います。

 今回は、鉄骨構造、コンクリート構造 において、構造床躯体の上に、さらに床を組んで、その床に仕上げ材を敷き込む 「二重床工法」 について考察してみたいと思います。
 二重床工法では、大きく2通りの工法があります。 ジャッキ式置床工法、木組床工法 です。

 ジャッキ式置床工法について
  ・マンション等に使われていて、工期が早く、一般的になりつつある工法。
  ・躯体の床のレベルの誤差を、ジャッキにて微調整できる。
  ・ジャッキ部分に床荷重が集中して、床のどっしり感、安定感が乏しい。
  ・床下に配管、配線設備を組み込む 時間的余裕 が少ない。
  ・現場打ち合わせの少ない 大型企画建物に向いている。

 木組床工法
  ・昔からある工法、工期は少々かかる。
  ・木組全体で床荷重を受けるので、どっしり感、安定感がある。
  ・床下に配管、配線設備を組み込む 時間的余裕 が長い。
  ・打合せ、要望の多い 個人住宅ビルに向いている。

 以上こんな違いがありますが、それぞれ一長一短があると思います。 SZ邸は、木組床工法にて施工しました。 

 縮小画像 - 110
  図面上部が 「ジャッキ式置床工法」 下部が 「木組床工法」 です。

 縮小画像 - 100
  2階 階段部分の断面です。 現在の工程です。 
  構造躯体に木組 (大引き材;90×30、根太材;36×45、床合板;12㎜、
  仕上げフローリング材;12㎜) をしています。

 縮小画像 - 073
  1階の作業風景です。 8月10日 あたりの工程です。
  大引き材、根太材、合板材 と進めます。

 縮小画像 - 122
  木組床工法の利点、長所 として、床下配管作業を施主様と打ち合わせを
  しながら、比較的ゆっくり進める事が出来ます。
  8月20日 あたりの工程です。

 縮小画像 - 088
  今回のブログも、各方面から 「内容が硬すぎる、マニアック過ぎる」 と突っ込みが
  入ること間違い無しだろうなあ!!
  先手を打って、動物を使ってかわしちゃえ!。 現場にいる、御近所の飼いネコ様です。
  野良猫と違って、まったく緊張感が無いと思う。

 縮小画像 - 092
  現場はすでに、私の家的感覚。 名付けて、現場監督猫さまです。 
スポンサーサイト



テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田工務店

Author:高田工務店
台東区は浅草の下町で、建設業の工務店を経営しています。
私で3代目となります。建設不況といわれていますが、世間様の荒波に負けることなく、日々楽しみながら頑張っております。
建設現場の楽しいことなど、いろいろとお知らせします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
記事のカテゴリ
気軽におこしください
エコな日々、エコな建築をめざす
 「エコロジー」という言葉が使われて久しいですが、本業の建設業に「エコ」を求めるには、まず初めに自分自身が「エコロジスト」であることが重要と考えています。   移動はなるべく自転車を基本として、生活全般に「エコロジー」を取り入れるべく努力しております。
RSSリンクの表示
ご意見、ご感想を願いします
建築現場の事に限らず、自転車、マラソンと体を鍛える事が好きな方は、どうぞお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード