FC2ブログ

「雨の日の 建築現場 に思うこと」

 気象情報通りの本振りの雨模様となりました。 
 寒さと温かさが交互に訪れて、少しづつ温かくなっていく感じがします。 三寒四温とはまさに言い当てた言葉だと思います。

 明け方未明からの雨音で目覚めましたが、朝方の6時になっても雨音は衰えず、「今日の現場作業はたぶん中止だろうなあ」 てな感じで呑気に構えておりました。
 案の定、屋根板金屋さんからは、現場作業の中止の連絡が入りましたが、タイル屋さんからは 「やるから打合せに来てよ!」 てな連絡を頂いてしまいました。

 雨天で現場作業が中止の日は、設計事務所様や、御得意御客様を廻ることにしており、今日は久しぶりに、日本橋方面なんぞやへ行こうと思っておりましたが、現場用の雨具、雨カッパなどを用意することにします。

 以前、世の中がバブル景気に沸いていた頃、証券取引などによる副収入が注目を浴びて、「事務仕事」 が重んじられ、 「現場仕事」 が軽んじられていた時期があります。
 嫌いな天気は 「雨」 で、嫌いな仕事は 「現場仕事」 とされ、差し詰め 「雨の日の現場仕事」 は考えられないという 女子大生のコラムを新聞で読んだことを思い出します。

 現在は IT で世の中が動いていますが、対極をなす 超アナログ的といえる 現場仕事 も脈々と動いています。 クリックやキーボード操作一つで結果を出せる技術も素晴しいですが、一つ一つ組み上げていく地味な技術も捨てがたいと思いつつ、雨の日の現場に向かいました。

  縮小画像 - 007
  気象情報通りの本振りの雨です。
  タイル屋さんが黙々と作業をしいます。 劣化しているタイルを部分的に剥がします。
  御本人曰く、雨カッパさえ着ていりゃあ気になんないよ! との事です。
  私も同じく 雨カッパですが、やはり雨は気になります。

  縮小画像 - 004
  雨の日のタイル解体、剥がし作業は ほこりが気にならないから良いそうです。
  確かにそうだけど、でもやっぱし、雨は気になるよなあ!  首筋から雨が入るしなあ!  
スポンサーサイト



テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田工務店

Author:高田工務店
台東区は浅草の下町で、建設業の工務店を経営しています。
私で3代目となります。建設不況といわれていますが、世間様の荒波に負けることなく、日々楽しみながら頑張っております。
建設現場の楽しいことなど、いろいろとお知らせします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
記事のカテゴリ
気軽におこしください
エコな日々、エコな建築をめざす
 「エコロジー」という言葉が使われて久しいですが、本業の建設業に「エコ」を求めるには、まず初めに自分自身が「エコロジスト」であることが重要と考えています。   移動はなるべく自転車を基本として、生活全般に「エコロジー」を取り入れるべく努力しております。
RSSリンクの表示
ご意見、ご感想を願いします
建築現場の事に限らず、自転車、マラソンと体を鍛える事が好きな方は、どうぞお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード