FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「台東区 浅草 [台東旅館 改修工事] -16 一年点検です」                                         「東京での春一番は吹きませんでした」                                         

 小雨模様の午前中から一転して、午後はまさに 「小春日和」 の温かさとなりました。 
 現場仕事のわが身には有り難い事です。  こうして少しづつですが、三寒四温のリズムで 春が近づいてくることを実感します。

 午後にはきっと 「春一番 が吹くだろうなあ」 と楽しみにしていましたが、結局のところ中国地方に吹いただけで、関東地方はまたのお楽しみとなりました。

 そんな訳で、地元台東区 浅草にて改修工事をさせて頂いて 一年になる 「台東旅館」 の一年点検をさせて頂きました。 
 建物は、築50年になる純和風旅館です。 昭和30年~40年頃の高度成長期には、行商人、芸人の専用宿として栄えました。 現在は バックパッカーの外国人旅行者の専用宿として繁盛しています。

 昨年、改修工事が終了して、足場を解体した日の午後に 「東北、関東大震災」 が発生したという思いで深い建物です。 今でも施主様は、改修工事、耐震補強工事をして、つくづく良かったと話しています。

 今日は、主に屋根廻りの点検作業をさせて頂きました。 改修前は 重たい瓦屋根でしたが、現在は重量が20%程度の カラー鉄板瓦棒葺きの屋根となっています。

  縮小画像-05
  1階 現況平面図 です。 
  大玄関と応接室、管理室、簡易食堂、浴室、客室が2室ありますが、
  大まかには、昭和30年代 の間取りのままです。

  縮小画像-06
  同じく 2階 現況平面図です。
  殆どが客室です。 すべてが、4畳半、6畳 程の広さです。
  この昭和レトロの和風が 外国旅行者には好評なようです。

  縮小画像-07
  屋根廻り 改修図面です。 改修工事のメインとなった部分です。

  縮小画像 - 090
  建物 南西側外観 全景です。 外回りも化粧直しをしています。

  縮小画像 - 096
  北側の屋根廻りです。 まだきれいなままです。

  縮小画像 - 092
  北側の平屋根部分です。 構造的に雨漏りが発生しやすい部分です。
  入念なチェックが必要です。

  縮小画像 - 098
  南角側の屋根です。

  縮小画像 - 099
  南側の屋根廻りです。 この先の平屋根があります。 

  縮小画像 - 100
  北側 裏路地側の平屋根廻りです。
  屋根を雑巾掛けして、鉄板の状況をチェックします。

  「台東旅館 改修工事」 現場のブログは 「こちら」 からご覧ください。

  「台東旅館」 の御案内は 「こちら」 をご覧ください。 
スポンサーサイト

テーマ : 今日のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田工務店

Author:高田工務店
台東区は浅草の下町で、建設業の工務店を経営しています。
私で3代目となります。建設不況といわれていますが、世間様の荒波に負けることなく、日々楽しみながら頑張っております。
建設現場の楽しいことなど、いろいろとお知らせします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
記事のカテゴリ
気軽におこしください
エコな日々、エコな建築をめざす
 「エコロジー」という言葉が使われて久しいですが、本業の建設業に「エコ」を求めるには、まず初めに自分自身が「エコロジスト」であることが重要と考えています。   移動はなるべく自転車を基本として、生活全般に「エコロジー」を取り入れるべく努力しております。
RSSリンクの表示
ご意見、ご感想を願いします
建築現場の事に限らず、自転車、マラソンと体を鍛える事が好きな方は、どうぞお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。